はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

虫愛づる伯爵

◆ジャンさん
 >役者の人はこの展開は嫌だったらしい
そうだったのですかー。まあ、女の子殺して、芋虫愛でる役は嫌ですよね(笑)
◆タイキさん
 >要素要素で見ていけばグリッタ嬢はミオとカグラ、そしてシュバルツ辺りは明が絡んでて結構個人単位での因縁は作れているのですが
その辺りクリスマスで片付いてしまって、残ったメンバーに何もなかったという(笑) ネロとモルクは完全に皇帝のおまけになってしまいましたしね(^^;
 >「奪われた昴ヶ浜を取り返す」以外にトッキュウジャー全体でのシャドーライン側との因縁を構築しきれなかったのが大きいかなと思います。
「シャドーラインを倒す」以外の目的を戦隊に与えているのが面白かったのですが、最終的に二つの擦り合わせに失敗したという感じですよね。そこを失敗したので、みんなライトとゼットに押しつけるしかなかったみたいな。
 >これ今気づきましたがやってることは「タイムレンジャー」の大消滅で竜也の為にユウリたち未来人が戻ってくる流れと酷似してるんですよね
ああ確かに、言われてみれば。『タイム』の時は真ヒロイン(アヤセ)があちら側に居たので、そちらでテーマを織り込めたので、二面構造がしっかり生きたんですよねー。どうも今回、その辺りがバタバタしてしまって勿体なかったです。
◆橘まことさん
 >「イマジネーション」やら「レインボーライン」やら
車掌が久々に叫んでみたり、第1話から繋げる要素は繋げているのですけど、全体と連動しきれなくて今ひとつ盛り上がりが足りなくなってしまいましたね(^^; 次回、予告に居た総裁は何かやらかしてくれるのか。
 >序盤から中盤にかけて張り巡らされていった沢山のレールがすべてひとつの駅に集まるかと思いきや、
 >駅に向かったのはひとつのレールだけだった、とでも言えばいいのでしょうか(笑
ああ、そのたとえは今作らしくてしっくり来ます(笑) 思ったよりも色々なレールが途中で終点に着いたり、どこか逸れてしまったというか。
 >とはいえ各キャラクター(敵含む)はかなり気に入っているので、最終話は奇麗な決着に期待して見たいと思います。
ちょっと物足りなくはなってしまいましたが、キャラも好きだし作品としてもやはり好きなので、出来る限りいい最終回を迎えてほしいものであります。
◆kanataさん
 >……いや別に悪くはないんですよ?、というもどかしさのせいで、余計に微妙。いっそ不味かったなら諦めも付くのに。
あああ、それですね! いっそ完全におかしくなっていたら、でも43話までは大好きだからいいよ! と開き直れるのですけど、なまじ程々に楽しめてしまう分、もやもやが募るという(笑)
 >今回の場合、重点的に尺を割くべきは闇1号の迷走している姿より、子供に戻ったミオたち4人や家族の姿だったはず。
 >闇1号の戦いは、あちらの影を強調するためのギミックですから。
そうなんですよねー。どうもその辺りで期待していたものとピントがズレてしまったなーと。
 >ちなみに4人を復活させる鍵が、正月回に書いた手紙でなかったことはちょっと意外。
あれは間違いなく何か使ってくると思ったのに、さっぱり出てきませんね……(^^; 最終回で効くのかどうか。
 >このヒト、身内のはずの闇に対しては徹頭徹尾ボロボロですね……。
その辺り、ネタは繋がっていて、男爵はおいしいんですけどねぇ……(笑)