はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

「もっと鉛が欲しいか!」

エンドオブエタニティ』は、現在チャプター7。だいぶバーゼルの下層の方までやって参りました。
階層世界ものは、主人公達が下から上へ登っていく方がスタンダードな気がするのですが、今作は初期に割と上の方に居て、下へ降りていく事で世界が広がっていくという構造。下層に行けば行くほど、荒んでいきます。
最近、二丁拳銃可能になったのですが、二丁拳銃できるようになった次のチャプターで、イベントで二丁拳銃を促され、いやでもそこでようやく二丁拳銃可能ぐらいだとLV的にかなり厳しいような……と、いう辺り、どこかバランスがおかしい。
まあ基本、マップに有利な効果を発生させるターミナルや、弱点属性を突く特殊弾を駆使して戦えという事のようですが、その辺り真面目にやるとダンジョン攻略やボス戦がぐっと楽になり、そういったシステムは良く出来ています。
消費系アイテムの特殊弾とか、使うと負けの気がする性格なので、どうしても突破できないと判断するまでは、なるべく使わないんですが!(笑)
私基本、「雑魚戦にリソースを割かない為にLVを上げる」というプレイスタイルなのですが、ゲームとしては「ある程度リソースを消費しながらねじ伏せていく」タイプで、ちょっと相性が悪い(^^;
まあ、ねじ伏せるリソースを得る為にはこまめな素材集めが必要で、その為には敵から入手しないといけないゲームなので、結局地道な戦闘は割と繰り返さないとならないのですが。
世界観とシステムの融合という点では、かなり良く出来ています。良く出来ているのに……どうしてこんなにとっつきにくくて不親切なのか。
不親切なのか。
後、今凄くイライラするのが闘技場。
戦闘を繰り返す事でランクアップする闘技場で、勝利報酬のコインを集めて景品と交換できるのですが、コイン集めにもランクアップにもかなり連戦しないといけない仕様なのに、
〔受付に話しかける→「参加する」「説明を聞く」から選択→参加するランクを選ぶ(高いランクほどページを進める必要がある)→ちょっと移動する演出があってから戦闘スタート→勝利→景品交換カウンターの前に出てくる→少し歩いて受付に話しかけなくてはならない→以下繰り返し〕
と、壮絶に面倒くさい。
せめて勝利後にすぐ受付に話しかけられれば良いのですが、何故か少し歩かないといけない所に出てきます。
システムが多少わかりにくいなどは慣れの問題ですが、こういう小さなストレスをプレイヤーに繰り返し要求する作りは、実に腹立たしい。闘技場の仕様が仕様だけに、作っている人間は途中で誰も何も思わなかったのか、と首をひねりたくなります(^^;
妙なところは作り込んでいるのに、どうしてこうなるのか。
ゲームそのものは面白いだけに、ホント色々惜しい。
というわけで、普段なら入り浸って戦い続ける闘技場がストレス仕様な事に、闘技場とか大好きなだけに凄くイライラしているのでありました(^^; ちなみに50ランクまであって、1ランクごとに3勝しないと次のランクに進めない為、最低でも147戦しないといけないという素敵仕様(笑)