はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

キャッチボール機能もない

◆kanataさん
 >そして女子二人ペアと組みやすく、かつ独りぼっちで余ってるのは殿という……。
男の友情ボールは飛んでくるのに、殿、投げ返さないから……。
 >序盤に多かった年長組・年少組の編成に対しては、殿と寿司屋を上手く分配できなかったわけですか。
その流れで戦力バランス考えると、赤・黄・緑、青・桃・金になりますが、割と茉子と源太が絡めても面白くならなかった、というのはありそうですね(笑) 茉子の隊内ヒエラルキーと源太がうまく噛み合わないというか。
 >この箇所こそちょっと驚愕でした。……え、そっちも斬るんだ、っていう。
個人的には、アクマロへの嫌がらせだと思いました(笑) ただ、十臓は別に地獄が出たら出たでいい、というスタンスでもあると思うので(地獄で斬り合えばいいじゃん的な)、その辺り自己確認の意思と、踏ん切り付けるというのは一つあったのかもですね。
 >本当の意味で情が尽ききっていたら、それは外道じゃないような気もしますし。実際、外道衆の連中て、むしろ情念は深そうに見えますし。
外道衆って恐らく、執念がある一つの方向に特化されている存在、なのかと思うのですが、十臓の場合「斬り合いたい」というのがそれで、人としての感情(家族への思い)までもが、その「斬り合いたい」の中に融合してしまった(嫁が刀でむしろOK)という辺りが、外道の外道たる所以、なのかなー、みたいに見ていました。
 >そういえば最初の頃、本当の当主は茉子姐さんなんじゃないかと考えてたこと思い出しました。
ああ、それはそれで何やら面白空間が生まれたような。そういえば第1話で、駕籠に乗ってきて当主と間違えられたりしてましたし。
◆橘まことさん
 >特にここが最高でした。あくまで掴めるようにしておくだけ、というのがまたいい。
さりげなく、そして、押しつけず、と、個人的にはようやく、ラライヤの事がわかった気がしたシーンでした。
 >見直したらAパートで「残りのボンベは……」「後ろですね」とさりげなくオープン回線の描写もあって、見直すのがまた楽しかったり。
全体通してマイクの回線の使い分けを描きつつ、それを重要なポイントに持っていっているんですよねー。ホント見れば見るほど細かい技巧を凝らしていて、物凄い。
 >「宇宙では誰でも使えるようにあるべき」は納得なのですが、「主人公機=専用機」というイメージの刷り込みでまったくの盲点でした(笑
ここに来て色々な布石が繋がってきて、先行きにちょっと安心してきました(笑) ……まあ、油断していると何があるかわからないですけども。