はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

やはり「兄者! 兄者!」に聞こえて仕方がない

◆タイキさん
 >アニメ等を見てもこの人メインを務めた経歴が短い上特撮ではこれが初なので今のところはこれが吉と出るか凶と出るかは微妙な感じです。
この手の抜擢の場合、熟練者(というかほぼ荒川さん)をサブに入れるのが従来のパターンですが、どうなりますかねー。浦沢一門総進撃みたいな感じでも、それはそれで有りかもですが(笑)
 >去年のトッキュウと比べると5人共演技力というか役作りが微妙な感じでした。赤の子が特に棒読みって感じしました。
改めてトッキュウは第1話からレベル高かったですね。今年はなんかちょっと、懐かしい感じで(笑)
◆KGさん
 >悪の幹部枠はまだ、華があるほうかと・・・・・。
狐、衣装綺麗で格好いいんですけどね(笑)
◆kanataさん
>すごいオーソドックスなコメディ系戦隊といった雰囲気ですね。第一話の印象としては、「普通」過ぎて面白みに欠けるかなあとも感じますが。
忍者戦隊、てある意味まんま過ぎて、モチーフの力を得る感覚が薄いので、さらっとしてしまうのでしょうねー。言われて気付きましたが、大型メカのまとまとりのなさは、そこで異種の融合する感じを出す為なのかもですね。
 >人型・犬・竜・トラック・リニアって、テーマがさっぱり分かりません!
お爺さんが作ったと言っていたので、自分の好きなものを並べただけ疑惑……(笑)
 >個人的に一番違和感あったのは、変身モーション終わったとたん、いきなりキャラが変わったように見えたところですかね。
なんかこう、変身前の逡巡と、変身後のノリが一致していない感じはありますね(^^; 変身後のノリがメインなら、全員ノリノリ忍者で良かったと思うので、ちょっとドラマをそれっぽくしようとして余計な事したかなーと。
 >「問われて名乗るもおこがましいが〜」
は歌舞伎の名文句なので、天晴がいつか使いたくて温めていた可能性はあるような気も(笑) どうせならそこから逆に、歌舞伎好き、とか設定盛ってみたりしてくれると面白いんですが。
◆wayさん
 >本作のコンセプトに堂々と「開き直り」「テコ入れ」って、断言してますからね(笑)
そんな宣言が(笑) その時その時の面白さ優先でどちらにでも舵を切ると。
 >「初期設定では死んだことになってたけどテコ入れで復活させた」っていう流れを意識したのかも。
最初にある種のメタネタをやってしまったわけですね(笑) 明らかにおいしいキャラで回想シーンのみは勿体ないと思っていたので、祖父生存は嬉しかったのですが。そのコンセプトだと、途中で退場、何故かまた復活、ぐらいは覚悟しておいた方が良さそうですね(笑)
◆橘まことさん
 >「ザ・スーパー戦隊」といった感じの第一話でしたね。新規ファン獲得のために、あえて独自色を消したのかな? などとも思います。
前作が割と重くなったので、すきっと切り替える活劇を前面に押し立てて来た所は好感が持てました。後はこれから、忍者色をどれぐらい付けられるか、て感じですかねー。忍者好きとしては頑張ってほしいです。
 >どうやらその人的補償でトッキュウジャーのクローズがプリキュアに移籍して、レギュラーを確保したとかなんとか……(笑
ああ、知らぬ仲でもない作品で何故そこを被せるのか、と思っていたのですが、そんな裏取引が(笑)