はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ヒロインとは何か(哲学)

◆タイキさん
 >個人的にですが、殿が一番ヒロインだった気がしてなりません。
殿は基本ヒロイン力が高いので、もう一押しなにかイベントがあれば良かったのですが(笑) ただ個人的に女性キャラの輝いた戦隊だったと思うので、たまには(あれ?)女性キャラを優先してみました(笑)
 >私は当時からここが疑問で、せめて中盤までに済ませておいてほしいネタではありました。
極端に言うと一発ネタの戦隊なので、どうしても、そこでノレるかノレないか、というのが作品全体の評価と直結してしまいますね。色々な意味で、よく勝負した作品だなぁと。
◆橘まことさん
 >流ノ介によるトドメですが、当時「最終回ではスーパー戦隊初となることがあります!」という公式のコメントがありました。
ああやはり、史上初だったのですね、コメディリリーフによるトドメ。…………あれ?
 >影武者の重荷から解放されたことで、丈瑠が仲間の盾になれるようになった、という点ではいい演出なのかな、と。
丈瑠が自分は1人ではない事に気付いたから取れた戦術、という事で、流れとしては、あれでこそ美しいのでしょうね。頭では納得できるんですが(笑)
 >影武者とバレて家出した丈瑠が外道衆にさらわれてしまうという、ザ・ヒロイン的な役どころになっています(笑
殿ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ?!
 >ここでも何度か語られている「姫と殿のそろい踏み」があったうえに、ラストは丈瑠がショドウフォンで「完」の字を書くなど、
 >本編とは違う魅力に溢れていて、個人的ヒーローショーベストワンに輝いています。
おお、折角なので、誰もが見たかったけど本編では出来なかった事をやってみたりがあったのですね。そういうのもいいですね。
Beniさん
 >歌を流さずにBGMで締めたことかと思ってました。
あ、言われてみればそれも珍しいですね。果たして公式はどちらのつもりだったのか、それとも両方だったのか。
 >あえて最後を任せるところに、殿の家臣へ対する信頼もうかがえます。
これまでの「自分を捨てる」戦い方ではなく、囮になった上で「仲間に任せる」という所に丈瑠の成長も描かれていますよね。構造的な美しさを優先したのでしょうが、たぶん、私がドウコクを好きすぎるんです(笑)
 >「責任をとってもらう」とか、愛の告白にしか聞こえな……げふんげふん。
惜しかったのは、先に十臓が「おまえには俺だけいればいい」と告白していた事(笑) ……丈瑠に告白してくる相手は、どうしてみんな重いのか。まずはお友達から!
 >さすがに振り回すシーンはCG合成だそうですが、構えて走るところまでは実際に2本持っているとか。
おお、それは凄まじい。ちょっとネガティブな扱いになっていた志波家の血の力が、切り札のディスクとして託されるとか、そういった諸々の要素の噛み合わせが良いラストバトルでした。
 >ゴーカイ本編にシンケンレッドとして登場するのは姫の方なんですね。
確かにそれはゴーカイなネタバレ(^^; うーん、姫が出るというのは、かなり気になります……。