はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ジェットバードハーケングレート

◆ジャンさん
 >間違えました、タイキさんが居書いている通り、大きいのはジェットガルーダのほうです。
……あ、私もごっちゃになっていました(^^; 戦闘機形態とロボット形態があったりで、すぐよくわからなくなります(^^;
◆wayさん
 >「忍・侍に続く第三勢力として『力士』が里を襲ってくる」という内容でした。
………………思いつく所まではまだしも、それを脚本にしたのが凄いですね(笑) ……自分に被害が及ばない限りは、好きになれる人なのかもしれない(待て)
 >ひょっとしたら鈴木やすゆき引っ張ってくる、なんてこともあるんだろうかとふと思ったり。
忍者ものの執筆経験があり、宮下ルートもあり……と、確かにあってもおかしくなさそうですねー。20年越しの再会に、期待していいのかしない方がいいのか!(笑)
◆kanataさん
 >丹波がただの憎まれ役担当のみでなく、姫の翻訳も努めているという発想はできていなくて目から鱗
前後編のゲストキャラでも、散発的に出てくるサブキャラでもなく、数話限定の準レギュラーにして芝居の空間を作る、というのは、戦隊におけるベテランキャストの用い方としてこういうやり方もあるのか、と目を見開かされました。
 >最終回前、割とがっつり殺害描写あったのもちょっと驚き。
近年は「人が溶けるのは駄目」とか色々厳しいらしいのですが、普段なかなか出来ない事を、最終回のどさくさに紛れて、やってしまったんですかね……演出サイドとしては寸止めしたくないシーンというのは色々あるのでしょうし(^^;
 >ただ被害が出てるの街中なのに、なぜか山中へ出撃したシンケンジャーは謎でしたが。
外道衆による被害描写をやりたいのと、集団戦をやるにはどうしても撮影が山の中、というのが噛み合わなくて、あそこはちょっと勿体なかったですね(^^; 何かこじつけられれば良かったのですが。
 >ところで封印の文字ですけど、先代は確か、一画目を横に大きく払ってたような……まさか劣化したモヂカラって、
 >字の書き方の問題ですか? 二代三代かけての矯正って、クセ字を直すプロジェクト……?
強引に理屈をつけるなら、絶命間際の短時間で書けるように、先代は、研究途中で生まれた「簡易“封印の文字”」を使った、とかですかね……恐らくあれ、ドウコクのデータを集めながら少しずつ完成させた文字だと思われるので、その途中バージョンとかもありそうです。
 >……ところでついでにドウコクさん、実は道に迷ってましたよね?
……あ、言われてみれば(笑) まあ、あの人が志波の屋敷の場所なんて覚えているわけないですよね……自信満々に出かけていって迷っているあたりが、さすが御大将です。