はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

通りすがりの仮面ライダー

◆橘まことさん
 >ディエンドは、ある意味ジョーカーなんです。ストーリーによっては強くもなり、弱くもなり、敵になることもあれば味方にもなるという……
訪れた世界の影響を強く受けるわけですね……(前向きな解釈)。
◆マジマジさん
 >この回で地味に秀逸だったのは特徴的なディエンドの顔面の板の「隙間」からアヤカシを放出するシーンですね。
あの見立ては面白かったですね。納得のいく良いアイディアでした。
 >怪人ばかり召喚していたチノマナコが唐突にブレイドを繰り出していたのは、「最終回で怪人になったから」というブラックすぎる考察が。
ひどい……!(^^;
◆gariさん
 >ディエンド/海東については、會川さんの降板と登場時期がモロ被りしてるんですよね。そのせいで、キャラが固まる前にブレちゃったと。
嗚呼、出てきたタイミングと作品そのものの混乱期が直撃だったのですか(^^; 存在自体がライブ感に溢れているのですね。
◆ジャンさん
 >ディエンドは電王のスピンオフ映画でパワーアップ形態がでるという変わったキャラ
また凄いやけっぱち感ですね……(笑)
◆西家さん
 >エルファスが仲間になる経緯というのが全く想像できないです(^_^;)
私のプレイだと、各地で自作自演を繰り返した挙げ句に巨大怪獣になってしまいましたね……(笑)
 >ドワーフデルガドさんは意外とEDの優先順位が高いのですね。
攻略サイト見たら割と上の方でビックリしました(笑) 貴重な壁だったので頼れる主力メンバーではあったんですけど。
 >シナリオ的には「闇落ち」イベントがどれもきつかったのが印象的でした。
結構終盤、死体が積み重なりまくりますよね(^^; 助ける為に複数回プレイのモチベーションにしよう、というのもあったのでしょうが。
 >戦闘のゆるさやグラフィックの荒さなど、色々惜しい点も多いですが、長年根強いファンが居るのも解る魅力も多く持ったゲームですね。
もう少し細かい部分の出来が良ければなぁと思いつつ、地道な冒険物と戦記物を混ぜたシナリオが上手く世界観を表現していたりとか、なかなか面白かったです。