はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

殴り合い・地球

◆さやまきさん
 >最終回後半、明らかに端折ってるなぁというのが初見の印象でしたσ(^_^;)
さすがにちょっとバタバタして、やや力尽くでまとめた感じになってしまいましたね。もうちょっと流れが綺麗だったら良かったなぁと思いつつ、最後の最後まで綺麗でないのを貫いたという感じもあり(^^;
 >最初からベルリとマスクの戦いをあの混乱の軸にしてなかったので最後の決着も戦闘の終わりと繋がらないように見えてしまって…
さんざん殴り合いをして、最終的に一番体力を残していた人(メガファウナ陣営)が止めに入って終了、みたいな(笑)
◆タイキさん
 >この時はスピルバンフラッシュマンZZガンダムとその物語に「肉親捜し」が盛り込まれていて
おお、その辺りが同時期だったのですか。それは面白いですね。『ZZガンダム』はともかくとしても、東映特撮の方で、情の要素の入れ方の試行錯誤として、色々やってみようというのでまずは家族テーマがあったんですかねー。そういえば続く『マスクマン』では、男女の愛情がメインストーリーに入ってきましたし。
 >それを一々悩んでる主人公にイライラするんですよね、「はよせいや!」とw
すれ違い展開は、視聴者にそう思わせてしまうと、辛いですね(^^;
◆橘まことさん
 >『Gレコ』最終話、マスクがベルリを倒したとしても戦闘は終わらないし、クンタラの地位だって当然変わらないんですよね。
ルイン先輩は生き残るにしても、もっと怨念が残る感じになるのかなぁと思っていたのですが、そこに気付いたというか認めたというかで、改めてクンタラの為に出来る事を探してキャピタルを離れたっぽいのが、凄く良かったなーと。
 >「ボスを倒せば何かが好転する」という、特撮では当然の法則であり世の中でもそうあってほしい希望的なものを否定する作品だったのかな
どこかの誰かが悪の親玉を倒しても、それは首がすげ変わるだけだよ、というテーマはあった感じですよね。だから皆が少しずつ変わらないといけない、という。
 >「ああ、天才はもとから回すのが好きだったんだな」と妙に納得してしまいました(笑
猿まわ……。
◆ゆーりさん
 >脚本家によってキャラが描き方が全然違うので一般的には失敗キャラなんですが、自分にはかえって面白く感じました
成る程、なんか凄く、どういうキャラクターだったかわかった気がします(笑)