はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

仁義なき戦い

◆タイキさん
 >戦隊において結構色と実際のキャラとはマッチしてないんですよね。
結局、ある程度イメージを作りつつも、それほどこだわらないで作ってますよね。そこが長続きの一つの要因なのでしょうが。
 >タイムレンジャーのクール系は直人な気がします。
あー、確かに、滝沢の方がそうかもですね。あくまで部外者なので、メンバーと距離感あって当然(しかし一方的に懐かれる)というのがちょっと、ポジショニングとして判定の難しい所ですが。
 >「とても熱くて真面目、とても天然」という設定を見て「とても天然!?」ってびっくりしたそうですw
割と最初から、決め打ちの設定だったのですね(笑)
 >新命さんは「二枚目」ではありますが、キャラ造形は「クール」よりも寧ろ熱血肌なイメージが強いですw
ああ、これはそうですね(^^; イメージで語らないように気を付けたいと言いつつ、やらかしました。過去の『ゴレンジャー』感想(途中リタイア)を読み返して、ちょっと訂正しました。
 >どっちかというとリーダーの海城さんの方が熱血に見えてクールな感じですし。
海城さんは、当時まだ影響の残っていた任侠系なので、「奥底が熱い」って感じですよね。
◆ジャンさん
 >オーディションの時、役者自身もヒーローオーディションと思っていなかったし、メンバーも悪役の人だと思っていたという
羽村さんは確かに、そのまま悪の幹部でも違和感がないですね……(笑)