はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

心に愛が無かったら ただのゲームさ戦いは

◆kanataさん
 >そう悪くはないはずの環境下で、そこそこ真面目に意欲的な作品を作ろうとしたんだろうなとも思われるのですが。
「○○刑事」を持ち出したぐらいですから、むしろ力は入っていた節はあるのに、とにかく明後日に行ってしまいましたね……(^^; 露骨に馬鹿っぽい要素が多いというよりも、純粋に出来が悪い、というのがまたタチが悪いというか。
 >なまじ外面的にだけはそこそこのクォリティを保ったうえで、内実のドラマ展開が終始絶望的にボロボロというあたり本当に酷い。
『ジバン』を一言でまとめると、これですよね(^^; いっけん真っ当だし主人公もピーアールポイントがあるのに、肝心の中身がスカスカという。
 >実はジバンの装備に基地にメカニックだとかギバ様やマッドガルボはじめとするバイオロン全般とか、
 >表層的な要素だけならおそらく水準よりも上なのですよね。
サポートメカだけで3台投入で、どれも悪くないデザインですしねー。ダイダロス付けて飛ばす辺りも特撮的には悪くなかったのですが(^^;
 >あれだけモンスター作るし装備も更新する割に、パーフェクトジバン本体の造形は変わらないとかも含めて(_ _;
パーフェクトジバンはホント、勿体なかったですね。新装備のアクションは割と格好良かったのに、本体の造形が全く変わらなかった為にパワーアップ感が薄く、結果として映像面における逆転勝利のカタルシスまで薄れてしまうという、いかにも『ジバン』な負のループ(^^;