はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

「今頃気付いたのね、はるかちゃん……そう、噂を流したのは全て私なのよ」

◆さやまきさん
 >いきなりパーティドレス作りっていくらなんでも無茶が過ぎるでしょ…という気分でいっぱいでした(笑)
そこはマジカルティーチャーの力技で誤魔化す、という感じでしたね(^^; 前回のテニスの時も思ったのですが、ミス・シャムールのレッスン空間は現実と時間の流れが違っている気がします。
 >生徒会長に現役モデルとべったりな下級生は他の生徒達からは恨みとやっかみの視線を浴びまくってるんじゃないだろかとかなり心配になります(笑)
間違いなくそうだと思うので、個人的にはそこをつつく展開を多少入れてほしいのですが、陰湿になるから無理ですかねぇ……(笑) 同室の眼鏡っ娘が人間として暗黒面に堕ちてくれてもいいんですが!
 >どうしてこの娘はやたら特別扱いされるんだろうという疑念が頭から離れないまま話数が過ぎています(苦笑)
あのもっさりした感じが警戒心を和らげて心のガードを突き崩すのかと……(笑)
◆wayさん
 >はるかの人の好さと言うかまっすぐな面が現れている一幕なんですが、さすがにやりすぎて危険な臭いがします(笑)
はるかの暴走ぶりは、危ない面を孕みつつも、一応はるかの長所としての描写が繋がってきましたね。……某天晴さんにも、そういう工夫が欲しいとつい考えてしまいます(^^;
 >怪物出現に際して現れたプリキュアを見て警備員が「お疲れ様です!」と敬礼する、という一幕が描かれたことがありました(笑)
ああ、社会公認のプリキュアも居たのですか!(笑)
 >ドレス姿のはるかを見て「馬子にも衣装」と悪態付きつつ顔を赤くする(はるかを異性として意識)ってシーンは、余計だった気がしますね。
はるかを意識してしまうと面白くないので、個人的には、「花柄のドレスを見てキュアフローラを思い出してしまった」という解釈を押したいと思います(笑)
 >なんだか「前作のリベンジ」みたいな気もするんですよね(前作の主人公が近い思想を持っていました)。
成る程、スタッフがある程度繋がっていると、そういう部分はあるのかもですねー。テーマ的には、しっかり描ければ面白い所ではありますが。
 >今回出てきた設定(優秀な生徒会長女子が実はおばけ嫌い、ってなんかベタな設定(笑))で転がる後半の展開から自己弁護の流れ
お化け嫌いはちょっとベタに過ぎましたが、あの「仕方がないじゃない」の凄くダメな感じが妙にクリティカルにツボに入ってしまい、私の中では凄く笑えるシーン扱いになってしまいました(笑)
 >実際の攻撃が好感触だと強くゴーサインを飛ばしたクローズPのことも忘れないであげてください(笑)
クローズP、最初に出てきた事もあってか、3幹部の中では一番キャラが立っている(というか他の2人が冴えない)ので、無職にめげずに頑張っていただきたいです……。