はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

げに険しきは執事道

◆さやまきさん
 >子供は難しい漢字読めないのできっと[どとうの(苗字)さめ(名前)]さんと認識してるからとりあえずおっけーで(笑)
逆に素直に受け止めたと(笑) 凄く納得してしまいました(笑)
 >ただガオはメカ(アニマル)関係とか多いですしお話もなかなか落ち着かなかった印象がありますかね…σ(^_^;)
序盤にキャラ話よりメカ話を優先しないといけないのは、今も昔もなかなか難しいですね(^^; キリンと誰かを絡めろ、というハードルもなかなか高いですし。
 >あれ、今日休日じゃないよね?
どうなんだろう、と思ったらその後、みなみ様達が私服だったので、休日、だったんですかね……?(^^; どちらにせよ、許可を取らずに無断外出している感じですが(笑) どうにもこうにも、「名門の全寮制」という設定は、持てあましていますね……。
◆橘まことさん
 >きっと奥様に「執事になるなら今までの名前を捨てろ」とか「忘れるな、今日からお前は執事だ…!」とか言われたのです(笑
執事以上でも以下でも無い純粋執事!(笑) 常人離れした反応速度といい、奥様に拾われて血塗られた過去を捨てていても違和感なくて困ります。
 >マンガやアニメの執事って自分で「主人の所有物」と認識しているようなパターンが多いですけれど、現実の執事はどうなんでしょう?
アロマもさらっと、「人命より主人の荷物の方が大事」みたいな事を言ってましたしね……(^^; あの世界の執事観は、少々不安になります(笑)
◆wayさん
 >もうちょっと素のロックが強い描写は欲しかったなあ、と感じました。
結局、クローズが煽っただけだったのは残念でしたね。今回、さらっとトワイライト様に取り入る事に成功して、ちょっと出来るぶりは見せましたが。なにか切り札を隠し持っているとか、パターンでもいいので、後で拾ってくれると良いのですけど。
 >で、積極的に黒いドレスアップキーの強化を受け続けたシャットはその代償でとんでもない最期を、とか妄想も膨らんだのですが(笑)
確かに、危ない薬っぽい描写なので、副作用で酷い事に、というのはありそうな……。
 >その執事がプリキュアの変身アイテムを解析して自ら変身して戦おうと考えるエピソードがありました(笑)
公式でキャラ絵を見たら、マッチョ髭だったのですが……!(笑)
 >ただ善良さを示すだけじゃなくて、アロマに何が足りないのかをはるかの方も気づけていない
はるかがアロマの不足についてさっぱりわからない、というのは良かったですね。もしかしたら、はるかの長所ってプリンセスとしての資質とは違うものかもしれない……という、振りの要素も含んでいるのかな、というのも面白い。
 >今作は全体的に、こういう長所と短所の見せ方に気を遣って構成しているのが見えていて心地いいです。
大きな設定関係で説明不足だったり、使いこなせていなくて気になる部分もありますが、主要キャラ3人を中心とした描写の積み重ねはとても丁寧ですよねー。
 >「努力だけでどうにかなるものじゃないなら、何が必要なのか?」を見せているような作劇になっているのも気になるところです。
なるほど今回、アロマの我武者羅さを独りよがりのものとしてややネガティブに評価したのは、これまでとちょっと違う描き方でしたね。その辺りけっこう考えている作品ぽいので、巧く広げてくれれば楽しみですね。
 >例えば学園関係者、それも理事長とか学園長とかだったりするのかなーと思っていたら、何も説明されませんでしたからね(笑)
ああ、確かにそう持っていくと、多少はズルが弱まりましたね。難を言えば、老婦人がプリキュアと思いっきり接近遭遇してしまった事ですが、あれはいいのか……(笑)