はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

大人の挿入歌

◆wayさん
 >ゴセイナイトはどことなく大人(特に『宇宙刑事ギャバン』を見て育った、2010年ごろに対象年齢層の親となっているだろう世代)
 >を狙っている印象が漂いますね。
戦隊はかなり親世代を意識した造りを取り込んでいますが、確かにナイトはストレートに狙いに行ったというのはありそうですね。おっしゃる通り、メタルヒーローで何かしたい、という計画の反応を見たい部分もこの時期にあったのかも。
 >挿入歌も「育まれ生きる輩ども」「胸の矜持を貫き通せ」「悲しみは忘却!それこそが正義の証左」とか、
 >児童向けにしては難しい単語が飛び交いますし(笑)
「輩ども」は何度聞いても凄いですね(笑) しかもそれが、「人間」を差しているとか、内容も対象年齢高い(笑)
◆タイキさん
 >有名どころだと「キン肉マン」のウォーズマンがマスク割れの元祖と言われています。
おお、成る程! 言われてみれば確かにあれは、印象的なマスク割れ。
 >「勇者エクスカイザー」のグレートエクスカイザーとダイノガイストとの最終対決でマスク割れがありました。
ロボットバトルでのマスク割れというのもあったのですかー。
 >グレートイカロスなんてコンセプトがもろ勇者ロボのグレート系勇者のセンスですw
ああ、確かに(笑) バンダイがタカラの後追いしておいしくいただく、という揶揄は昔からありますが、玩具的に意識した流れはあったのかもですねー。