はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

オペレーターの憂鬱

◆さやまきさん
 >僕的にはオペ子と黒りんさえ見られれば良かったですが
オペ子さんは出番が増えそうでなかなか増えませんね……もうちょっと色々やらせても良いと思うのですが(^^;
 >そう言えば放送時この後くらいの時期に黒りんが現実世界で人助けか何かでニュースになってたのを思い出しました(笑)
ま、まさか黒木司令が、人助けを……?!(現実とドラマを一緒にしてはいけません)
◆gariさん
 >ゴーバスターズ前半の問題として、「実働チーム」と「司令部」のつながりが薄いってのが1つ有るんですよね。
バディロイドの問題とも重なりますが、司令部に置いたメンバーとの広がりがとにかく有りませんでしたからね……。
 >で、陣は「黒木司令と親しい実働チーム」と言う役割で両者の関係を繋いでおり、これが上手く行っているのが、
 >「陣登場後に作品が良くなって来た」と言われる大きな一因だと思います。
なるほど確かに。主に崩しの方向ですが、黒木のアクション/リアクションの幅が広がったのは大きいですよねぇ。
 >樹液も「実戦に出るバディロイド」と言う事で実働チームとバディロイドの関係強化の役目を負って出てきたように思いますが、
 >こっちはこの段階ではあんまり上手く行っていなかったり。
性格はともかく、バディロイドも戦えた方が便利、というか普通……という点では、むしろ役割としてはすきっと収まりすぎて、今までの3体がどうなんだ……となっているような感があります(笑)