はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

斬ってから考える

Beniさん
 >どちらかというと「ダメージを受けて変身が解除される」描写に近いかなと思います。
成る程、そういえばプリキュアは、強制変身解除が無いのですね。……変身解除するとただの女子中学生なので、色々と問題が発生してしまうのでしょうが(^^; で、それをデザイン及び演出として組み込んでいたシリーズ作品があったのですね。
◆タイキさん
 >これはもしかして「スーパーマリオRPG」のことでしょうか?
ああいえ、別の作品です。古いゲームとはいえクライマックスに関わるのでちょっとタイトル出しにくいのですが、時期で言うと1994年のゲームであります。
 >何よりマリオが初めてRPGへ挑戦したという意味でも偉大な作品だと思います。発売当時ポケモンやPS以上にハマってました(笑)
おお、面白かったですか。関連シリーズ含めて、『スーパーマリオRPG』ってやった事ないんですよねー。
◆gariさん
 >あとXボタン連打はFF版から必要回数多かったです。
けっこう根性出さないといけない仕掛けだったのですね。何かその辺りも、ご紹介いただいたインタビュー記事を読んで悪い方向で納得しました(^^; あー、プレイヤーをそういう風に見ているのかーと。
 >……もう、なんか、こう、もう、どうコメントしろと。
もともと前半からイデアが覚悟決まりすぎというかシリアルキラー気味で引っかかっていたのですが、FF版では更に酷い事になっていたのですね……。
 >あ、あとこんな記事もありました。だいたいプロデューサーのせい。
ご紹介ありがとうございます。……これ読むと、ますます最低ですね(^^;