はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

オトモ達の憂鬱

◆wayさん
 >トリプルヒロインの中でもメイン格はテュカ・ルナ・マルソー(今回井戸に浮かんでた金髪エルフ)っぽいのですがねー。
ビジュアル的に一番見栄えする感じに描いてあるのはエルフ娘ですよねー。若干、作り手が色々なキャラを愛しすぎて散漫になりそうな危惧もなくはない感じですがここまでの演出だと(^^;
 >1話の出番が幻覚だけ、2話では最後に井戸に浮いてるだけって扱いはちょっとひどいと思います(^^;
さすがに2話で誰か動くだろうと思ったら、1人発見した所で終わったのは私もビックリでした(笑) 今時こんなにヒロインキャラの出番が遅くていいのか。
◆aaさん
 >オトモニンって宇宙人の技術で作られた「機械」なのに、なんでわざわざ人格を付与してるんでしょうね。
妄想解釈としては、先代・雑賀鉄之助があまりに凄腕すぎて、作成物に勝手に「魂」が宿ってしまうのではないか、と思っています。だからライオンハオーは好天にとっても完全にイレギュラーだったのではないかなーと。
 >逆に待遇に不満を持ってすねる、妖怪の罠にはまって操られるなどのデメリットばかり描かれる始末。
その場のネタでマイナスの使われ方ばかり、というのは困った所ですよね。もう少し、プラスの交流要素もあればオトモ忍への愛着も湧くのですが。