はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

パワーアニマル教団の闇は深い

◆さやまきさん
 >子供向けと子供騙しは似て非なるワードだってのを履き違えてるのか
ナレーションの使い方など、方向性として割り切っている部分はあるのでしょうが、もう一工夫欲しいですよね……(^^; わかりやすさを意識しすぎて、全ての要素が一直線になってしまったのか……。
 >あっさり謎解きとか力業で解決は戦隊ではお約束ではありますけどそれをそうと悟られず描くのが演出でしょうになぁ
ある程度はやむを得ないとして、その過程で生じる筈のドラマを全部すっ飛ばしているので、説得力も吹っ飛んでしまっているんですよねぇ(^^; 『タイムレンジャー』の反動みたいな部分もあったのかもですが。
 >(今まさに怪獣が自分らの街を壊してエックスとの戦いでも被害が出てるというのに呑気にエックスを応援してる場合か?)
「15年前から怪獣が出現している世界」「怪獣との戦いに声援を送るギャラリー」辺りは、映画『パシフィック・リム』の逆輸入みたいなものも感じました。怪獣災害保険とかあるんですよきっと(笑)
 >無理なくエックスとの関係を描こうというのは(エックスの意外なほどくだけた性格とか)割と好印象でした
エックスの性格付けがさっぱりしていたので、変にこじらせる展開にしなかったのは良かったですね。エックス、肝心の説明は全然しないですけど(笑)
 >飽くまで主人公含む分析サイドは軽いノリで前線サイドはガチという平成ウルトラの良いとこ取りを狙ってるのかな?とも取れましたけど
各キャラの役割分担をハッキリした事で、組織の動きをわかりやすく見せたのは良かったですね。その辺りしっかりしないで、えらいダメ組織になるとかありがちなので。
◆タイキさん
 >ただし、「社会的地位を剥奪されることになる」「洗脳されて単なるバカになります」という恐ろしい条件付きですけどねw
募集の段階ではそこは秘密にしておかないと!
 >ガオゴッドも含めこの作品での神聖系は何故か悉くダメっ子なんですよね(笑)
都合のいい電波×都合のいい電波で、幾ら何でもですよねぇ……(^^;
 >今までを見てるとパワーアニマルに乗った時一気にアグレッシブ(というかマッド)になってるという傾向がはっきりありますし。
ああ、獣と人の力とか以前に言ってましたが、一種の降霊状態になっているのですね、あれ。納得です。
 >「邪気を浄化するには獣アルマジロシュートが持つ力でないと無理だ」位は説明すべきだと思うんですがその辺悉く放棄ですし…
ここは恐らく、ハンターを倒せさえすれば、攻撃手段自体は、何でも良かったのかと思われます。そこで新必殺技まで盛り込み過ぎな上に全く要素が連動していないので、無駄にわかりにくいですけど(^^;