はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ラプソディ・イン・ザ・ブルー

◆aaさん
 >たいして掘り下げられなかった美しいモノ好き、と代わり映えのしなささもつまらなさに拍車をかけてる気がします
マトリックスが花だらけ、までは面白かったので、そこからもう一押しあればまだ良かったんですけど、焦点がロウキに移って戻ってこなかったのが痛かったですね……。
 >せめて代替わりの度にギンガマンなみにザコ怪人の外見や作戦が変わるとかすればよかったんですが
怪人も、ロウキが倒せない都合で、ロウキの前に爆発する係、みたいになってしまいましたしねぇ(^^;
◆wayさん
 >失敗についてもはるかって、努力したら本当に何でもできる人
はるかって一見ぽんこつだけど、相応の努力をすると何でも達成してしまうんですよねー。それ自体は、努力の肯定が今作のテーマなので良いのですが、その為に、乗り越えられない壁にぶつかっていない、というのがここで少しズレを生んだかなーと。
 >「恋愛の対象があまりにもダメ人間すぎた」のと「恋愛する主人公がダメ人間すぎた」のが問題だと思います(^^;
音に聞くブルーさん……! 声が登太牙というのも含めて、ちょっとだけ、1年早く見ておけば良かったかも、と思わずにはいられません(笑)
 >「恋なのかどうなのか、ちょっと微妙な想い」「振り返った時に、あれは初恋だったのかもと思うぐらいの感情」程度に抑える事例が多い
ああ、要素の扱い方としては、納得です。ホープキングダムで再会した時のはるかとカナタの描写が、あまりそちら方面を思わせないよう気を遣って描写している感じだったので、ちょっと気になっていたんですよね。
 >前作では改心した悪役の悪行について全くおとがめなしだったことや
どんな作品でも難しい所ではありますよね……。今作、物的被害が自動修復だったのは、仕込みといえば仕込みだったのか……。
 >ただその辺今後の悪との対立において、不安もちょっと見えるような(^^;
あまりこう、善悪の観念は押し出していない作品ですよね……その割にクローズをさくっとやってしまったのが、どこまで計算なのか、というのが気になる所でありますが(^^;
 >『花のプリンセス』の内容(魔女に囚われるように誘導した鳥をプリンセスが許し、反省した鳥がプリンセスを救う)
 >と重なる形でありながら微妙に違っていて、はるかの位置は「プリンセス」でも「鳥」でもないんですよね。
ああ、成る程、立場はちょっとズレているけど囚われのトワはまるっきり『花のプリンセス』になぞらえた絵だったのですね。重要な所なので考えてはいそうですが、どうなりますかね……。
◆タイキさん
 >一応一通り見たんですが、情報量が多すぎるのもあるのかかなり窮屈な感じがしました。
個人的に、今見るとその辺り、どう思うのかなーというのは自分でもちょっと気になる所ではあります。当時はとにかく、ワクワク感と一条さんへの愛が先行していたので(笑)
 >後は主人公たる五代君の善人っぽさが何か漠然としてるというか浮世離れしすぎてて感情移入し辛い部分があるといったのが私の率直な感想です。
あー、五代くん(と妹)はちょっと、突き抜け系ですよね……あれは、世界がサムズアップに侵略されるまでの物語でもあるので……(待て)