はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』感想

「時の警察列車デンライナー。時を超える犯罪者、イマジンが起こす事件を、徹底的にクライマックスで解決する刑事達。彼等には警察手帳も捜査令状もいらない。彼等自身が手帳であり、礼状である。彼等に逮捕できないものはただ一つ――神のみ。それが、チーム・デンライナー
「「「「「俺達、参上!!!」」」」」
事前にアドバイスいただいた通り、頭からっぽにして見ました、というか、見ていると脳が空白になっていく映画(笑)
筋をくどくど書くような作品ではないので一言でまとめると、
チャンプが、凄く、チャンプ
誰の為の映画かといえば、これは、チャンプ(コハナ)の為の映画だと思います。
物語は本編のお約束にプラスアルファをふんだんに盛り込んで進行し、内容は無いけどサービスは満点。キャラクターが立っているのとシーンの切り替えが早いので、見ていて飽きが来ないのは良い所。あまりにドラマが無いとどうかと思ったのか、一応、デンライナー署に派遣された(深く、考えてはいけない)ダメ刑事の物語が盛り込まれているのですが、正直、必要無かった気はします(^^; もっと徹底してコメディでも良かったよーな。
ダメ刑事役は、使い方的に前後の作品のレギュラーキャストかなぁと思ったら、『ディケイド』版クウガの中の人(村井良太)でした。
映像的には、悪の組織のアジトのシーンなど、お金をかけずに尺を使っている感が物凄いのですが、池袋駅近くでの大捕物や、国会議事堂に向けて行進する黒服と着ぐるみの集団、という絵はちょっと面白かったです。あと、刑事部屋内部の小道具は凝っていたり。
“正体はファンガイア”という設定の黒服達は諸事情で着ぐるみが投入できなかったようで、クライマックスバトルでもステンドグラス模様の化粧しているだけで、黒服のまま(笑) まあ皆さんJAEの方々なので、アクションそのものは、重い装甲を脱いだ状態になっていたりするのですが。
タイトル上はコラボしているキバは、完全に企画の都合上出しました感全開なのですが、ハーレー仕様が異彩を放って格好いいのに本編でさしたる出番が無かったキバイクが目立ったのは嬉しかったです。
なお、良太郎のキバを見た感想。
「凄い……(躊躇なく轢いて)」
紅渡はあれで、変身するとエキサイト体質だから!
なお音也は………………うん、まあ、本編で好き放題だったから、ええ。
全てを無になって受け入れる、という心構えが必要ですが、その前提条件を満たせれば、“楽しい”の要点は満たしている作品かと思います。しいて言えばラストが、ちょっと悪い意味でのセルフパロディになってしまっているので、心を無にするのも限度が……という引っかかりは出るかもしれません。あれこれ事情はわかるとはいえ、脚本家が自分でこれ書いてしまうのが凄いといえば凄いのですが。
後、電王よりもどちらかというとイマジン推しなので、個人的にはもう少しライダーのアクションに見せ場が欲しかった所。まあその分はチャンプでカバー、みたいな。
時の流れに降り立った一人の修羅――
虎だ! おまえは虎になるのだ!!
YOU WIN!