はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

バトルフィーバー(違う)

◆さやまきさん
 >個人的には毎回戦いが終わった後で戦士の安らぎみたいなEDで締める。という余韻が好きでしたので
 >最近のガチャガチャした終わり方はあまり好きにはなれないですね(子供達的には最後までお祭りで喜ばしいんでしょうけど)
プリキュア』の影響もあってか、ダンス、という金脈が発見されてからは、バラード調のEDが減っているのはちょっと寂しい所ではありますね。『デカ』とかは飛び道具気味で好きですが。
◆タイキさん
 >「いつの間にそんなに倒したん?」っていう温度差があるんですよね。
個人的にはあまり気にならなかったのですが、2話で着ぐるみ1体の都合上、グロンギの集団性を出す為の苦肉の策という感は強かったですよね(^^;
 >まあ平成ライダー一作目ということもあり主人公の内面よりも世界観や変身形態のギミック導入の方が優先された結果でしょうけど…。
俯瞰した時の構成としては凄くわかるのですけど、今なら4話、遅くとも6話までには入れてきますよねー、神崎先生。やはりまずは世界観、というのが強かったのでしょうが。