はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

必殺・キャッスルバズーカ!!

◆さやまきさん
 >最近は最終アイテムと最終フォームがセットで出てくるので(アイテムが先でフォームは最終盤までとっておくのが過去には多かったです)
戦隊も30話ぐらいで、強化展開と追加武装が、大体パターン化してきてますものねー。
 >最終アイテムは最後の追い込みらしく毎回デカもの(ひとかかえのオルゴールとか化粧セットとか鏡台とか)なんですが
おおぅ、鏡台……。女子の憧れアイテムは、「男の子は武器でいいだろ」とは違いますね(笑)
 >(再度ダンス作画をいじるのはやらないか出来ないか…)
あのぐらい作り込んでしまうと、あのまま変わりそうにない雰囲気ですね……。
 >あと合体最終技が通常3人合体技と見た目そんな変わんないのがかなり残念(苦笑)
結局プリキュア光線を撃つだけなので、ちょっと物足りないですよね(^^; まだ30話なので、段階変化とかを期待したい所ではありますが……。
◆wayさん
 >本作は10話前後で悪の幹部の賞味期限を設定しているみたいなんですが(クローズ11話、トワイライト20話、ロック30話)
ああ、だいたい綺麗に来ているのですね。敵基準だと、5部構成みたいな構想なのでしょうか。
 >どうにも本作のそれは悪く目立ってしまってるような。
1人に集中していればまた違うのでしょうが、三銃士は少ない話数で更に分担させてしまっている為に、どうにも時間が足りなくなってしまいましたね。
 >せめて目的がもっと捻くれたなら、唐突でも多少なり迫力を増してごまかせたのかもしれませんが、単なる小者にしか見えなくなりました(^^;
「よくわからないけど狂ってる!」という方向には走りませんでしたね(笑) まあ今作の場合、あまりそういう方向には走らない方が良いのかもしれませんが……(^^;
 >ロックの野望は見方次第で「自分の意志でつかみ取った『夢』」と捉えられるもので、ここについてプリキュアが何も考えてないのはどうかと。
ああ確かに、そこから思想性の対立が出れば、唐突なりにロックの野望も物語上の意味を深められて良かったですね。結果的に生きていましたが、割とざっくり、悪はバンバンバンと倒してしまってますしねぇ……(^^;
 >これは本作独自の要素で、歴代シリーズのアイテムは流石に玩具には見えないように精巧なCGで表現してます。
ああ、ここまで明確にやっているのは珍しくて、完全に意図して狙っているのですね。これに関してはホント、顧客層が嬉しいのが一番、という部分でありますが。
 >造形的にもちょっとパッとしませんし、ギミックもあまり面白味がなさそうで、果たしてこれが売れるのかちょっと不安です(^^;
回して音楽鳴るだけ? というのはどうなのでしょうね……これが男児向けなら変形でバズーカとかになる所ですが(待て)
 >初代PS時代のファイナルファンタジーの召喚技か! みたいな。
ちょっとFFっぽいですよね(笑) にしても、118秒ありましたか(^^; この手の番組で2分弱というのは、とてつもなく長いですねぇ……。
 >プリキュア4人が挿入歌の1番を歌い終わるまでが技演出なので、途中でカットすることができず毎回フルバンクで流れるという、とんでもないシロモノ(^^;
あはは、それは、なんか、凄いですね(笑) 毎回歌いますか(^^;
◆タイキさん
 >まあ歴代プリキュアでは既に地球が一本の樹を残して全て消滅するという段階にまで至った作品もありますからね。
ハルマゲドン……。
 >それにしても威力しょぼかったですね。
折角はったりかましたのだから、もう少し頑張って欲しかったですねホント……。ああいう馬鹿っぽい大仕掛けは好きなので、残念でした。
 >ピンチに陥っているプリキュアに一本の樹から階段を伝って一筋の光が溢れてパワーアップ
樹といい階段といい、それはイメージ的にはちょっと影響あったのかもですねー。