はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『百獣戦隊ガオレンジャー』感想31

◆Quest45「闘い、終わらず」◆ (監督:中澤祥次郎 脚本:中州千恵次郎)
年末総集編で、前年の『タイムレンジャー』に続き、当時ローテ入り前の中澤監督が登場。脚本も、監督の筆名か?
見所は、シルバーの入浴シーンヤバイバのムーンウォーク
なお前回墜落したガオズロックは、鹿パワーで修復されました。


◆Quest46「正月が襲う!」◆ (監督:竹本昇 脚本:酒井直行)
マトリックスには4体目のハイネスデュークオルグが現れず、上司も同僚も失ったヤバイバは、何も出来ずに居た。一方、ガオズロックではレッドがマトリックス強襲を提案。ラセツにさらわれた際のテトムの記憶を元に、ガオレンジャーマトリックスを目指して行動を開始する。それを知ったヤバイバは、正月オルグが時間稼ぎをしている内に、目印になる地形を変えるという、大胆な防衛作戦に打って出る。
基本ギャグ怪人ながら、羽根突きやカルタなどの正月バトルにガオレンジャーを誘導し、自分のペースに巻き込む事で一定の足止めに成功した正月オルグが割と優秀。ヤバイバからの評価は芳しくありませんでしたが、かなり健闘したと思います。
最後は巨大化した正月オルグが戦闘中に、ヤバイバがオルゲットに豆を食わせて巨大化させ、強引に地ならしする事で、地形を変えてしまう事に成功。ガオレンジャーの強襲作戦を防いだヤバイバがマトリックスに戻ると、何故か鏡からツエツエの声が響いてくるのであった……。
年末年始進行が終わり、次回から多分、最終章。