はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『百獣戦隊ガオレンジャー』感想32

◆Quest47「蒸気機関、爆走!」◆ (監督:竹本昇 脚本:酒井直行)
ゴッド太郎が再び姿を見せ、ひれ伏す人間達に風太郎呼びを強要するパワハラを行うと、全国に漂っていたかすかなオルグの衝動が集結し最強最後のオルグが誕生し、それがオルグとの最終決戦になるだろう、と宣言。
劇中でガオレンジャーも困っていますが、「世界に漂う邪悪な念や衝動のパワーが、物の姿を真似て具現化したもの」というオルグの設定上、敵の根絶を断定しにくい為、ゴッドパワーで強引にゴールを作った感じ(^^; ここで、空の彼方へ飛ばした筈のゴッドを再臨させないと物語の終着点を用意できない、というのも今作の造りの甘さが見える所です。
誕生した蒸気機関オルグは最強ファルコンアローすら跳ね返す圧倒的な力でガオレンジャーを叩きのめすが、その光景を覗き見しながら悩む鬼が一匹。鬼地獄に彷徨うツエツエとの霊界通信に成功したヤバイバが、ツエツエを地獄から引っ張り出す為には破邪百獣剣のエネルギーが必要と、目前の勝利を取るか同僚の復活を取るか、で悩むのはヤバイバがぐずぐずで面白かった部分。
結局ヤバイバはツエツエの復活を優先して蒸気機関を騙し討ちし、破邪百獣剣のエネルギーを得る事に成功。巨大化した蒸気機関は、ライオン、イーグル、シャーク、タイガー、ディアスを戦闘不能に追い込み、マッスルとハンターも合体解除に追い込まれてしまう。
「ガオマッスルでも駄目なのか!」
……そもそも、後半ろくに役に立った記憶がありません。
この後、残りのパワーアニマル(ファルコン・バイソン・ウルフ・ハンマーヘッド)で、ガオイカロス@寄せ集めを形成すると、謎の化学反応により「いつものガオイカロスより、遙かに強力だ」と、さくっと蒸気機関を撃破。
諦めない心で力を結集+シルバーも一緒にコックピット、とやりたかった事はわかるのですが、そもそも、不自然にキングとマッスルを無駄に投入して自らピンチになった上で「もう駄目だー」と一部メンバーが落ち込んだり、キングのパーツの5分の4が戦闘不能なのに都合良くバイソンだけ無事だったり、ガオイカロス@寄せ集めを組む為だけにパーツを消していっているのが露骨に出来レースすぎて、全く盛り上がりません。
もっと丁寧に段取り組めば、盛り上がる展開なのになぁ……。
最強最後のオルグをガオラオし、残すはヤバイバを倒すのみ。戦いの終わりへ向けて意気上がるガオレンジャーだが、マトリックスではヤバイバがツエツエを復活させる事に成功していた。そしてツエツエが鬼地獄で拾ってきたアイテムから、なんとシュテン、ウラ、ラセツが復活する――!


◆Quest48「奴らが甦る」◆ (監督:舞原賢三 脚本:武上純希
残る敵はヤバイバのみ! と少々気の早い祝賀パーティに盛り上がるガオレンジャー。そのさなか、戦いが終わればそれぞれの道に戻ってバラバラになる事に不意に思い至り、各人がその後の人生について考え出す、という展開はなかなか良かったです。
MIA(作戦行動中行方不明)扱いで、娑婆に戻る所の無いイエローが、改めて飛び抜けて可哀想ですが!
今後の事を口にするシーンは二人一組で描かれ、画面にエフェクトかけてセンチメンタルを強調しているのですが、ねばねば兄弟は治療不可能として、ホワイトがシルバーの方に回された事で、レッドとイエローがペアになり、唐突に
「初めて会った時はとんだ電波野郎だと思ったけど、最近は随分とリーダーらしくなってきたじゃねえか」
「え? ホント? 俺、おまえにそういう事言われるとすっげー嬉しい」
みたいな事を言い出して、ちょっと、気持ち悪い(おぃ)
いや、レッドが“リーダーとしての自分”に悩むような流れがあったならまた別ですが、特にそういう描写は無いどころかむしろ率先してリーダー気取りでしたし、イエローも2話で託宣だからとレッドにリーダー職を放り投げた後は、多少の反発はしても皆を引っ張る役へのこだわりを見せた事はほとんどありませんし、相変わらず積み重ねを大事にしない作品です(^^;
一方マトリックスでは、妙に狂信的になっているツエツエが謎の力でパワーアップしてオルグの巫女の名を与えられると、甦った3体のハイネスと共に出撃。
もはや敵はヤバイバのみ、と最後の戦いのつもりで繰り出したガオレンジャーがノリでオルゲット相手に生身戦闘し、そのまま生身での「灼熱の獅子!」などの名乗りからノーモーション変身したのは格好良かったです。
だが、ヤバイバを追った6人の前に、復活したツエツエ、そしてシュテン、ウラ、ラセツが姿を現す。
夢見るようにハイネスへの崇拝を口にするツエツエと、そのツエツエ――オルグの巫女――の言葉に従順なハイネス、というどこか歪な関係が描かれ、3ハイネスの合体技、修羅百鬼剣で大爆発するガオレンジャー。3ハイネスはアニマルビームさえ跳ね返し、6人はガオライオンの助けで何とか退却に成功するも、闘志と肉体に深い傷を負うのであった……。
ツエツエを釣り上げたら3ハイネスが何の説明もなく一緒に復活して、しかも出鱈目に強くなっているわけですが、さすがにこれは、納得のいく説明がされる……ん、ですよ、ね……?