はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

はじめの一歩

◆さやまきさん
 >あらゆる意味で掛け値なしの大惨事だったブレイド(爆)も終わって見れば僕にとって最も愛すべき平成ライダーですから解らないものです(笑)
ブレイド』はホント、どの要素から語っても駄目、という歴史的大惨事でしたね……そこから歴史的な奇跡で駆け上がるので、つくづく、トータル評価の悩ましい作品です(笑)
◆タイキさん
 >「初期は上手く行ったけど後半で竜頭蛇尾になった作品(ダイレンジャー)」
改めて比較すると『ダイレンジャー』の序盤はやっぱり面白いんですよねー(^^; そこからあれだけ広げ方に失敗した作品というのも、なかなか珍しい気はします……。
 >「初期はいまいちだったけど後半で大化けした作品(メガレンジャー)」
『メガレン』は15話前後に来る、最初の修正タイミングで方向性が見えたのが大きかったですよねー。スタートが低調だった分、追加要素が巧く回ったというのもあるでしょうが(笑)
 >個人的には小林靖子さんが一番卆がなく安定している気がします、「ギンガマン」の時から基本安心して最後まで見てられる感じですね。
小林さんは、技量がある上で、“ここを守ればこの作品は成立する”という大事な芯を外さない感じですよね。波風あって当然の1年ヒーロー物で、ゴールに辿り着くのが上手な人だな、と。
 >まあ「ジバン」みたいに徹頭徹尾しっちゃかめっちゃかなものもありましたが
あれはゴールどころか、スタート地点さえ霧の中だった疑惑ですね(^^;
◆wayさん
 >ここに挙がっているS〜Bランクの作品は割とどれも面白い印象ですし。
やっぱりスタートで意思統一が出来ていると、巧く転がりやすいですよねー。視聴者としても、どう見ればいいかわかりやすいと、好印象に繋がりやすいですし。
 >「これはこういう作品なんだよ」っていうのが分かるんじゃなくて、「よく分からないけど凄いことやるんだよ」というのを見せつけられる、という(笑)
つくづく、ポスト《レスキューポリス》というタイミングが生んだ作品だなぁと思います。閉塞感の打破を指向しつつ、意外と世界観の強度があるという。
 >Cランクだと『ギャバン』が近く、話の筋は無茶苦茶なんだけど、とりあえずすごいアクションと怒涛の展開で無理矢理飲み込ませて、
 >なんかそこそこ面白くなってるという印象です。
ちょうど10年後だったりもしますが、『ダイレン』と『ジャンパーソン』はまさに、『ギャバン』型の進化形1−2話、という感じがします。インパクト重視を通り越して、インパクトだけ重視、というか(笑) 話はアクションの後についてくる、みたいな。
 >Eランクの『ジバン』『ブレイド』については、もうなんか、脚本とか監督よりさらに別個の問題が重なっていたような気がします(^^;
これだけ並べると、企画段階から何か問題があったのではないか……という作品は出てきますね(^^; 『ジライヤ』も1話に限ってはそういう感じですし。