はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

正義vs刑法

◆ゆーりさん
 >ジャンパーソンの前身たるMX-A1が警視庁に危険視され廃棄された代物なので、反法規的なのはルーツからして必然だったのかも(笑)
超法規的を通り越して、法律と戦ってしまうという(笑)
◆wayさん
 >機能停止したロボットが無造作に牢獄に転がされている、みたいな描き方でした。
ありがとうございます。やっぱり初期は、言及したのはいいけどあまり深く考えてなかったみたいですね、ロボット刑務所(^^;
 >いつのまにか再建されている刑務所ですが、31話で再建計画中なので、話と現実の時間尺度を合わせると2ヶ月半のスピード再建(笑)
ああ、どこかで再建に触れていた記憶があったのですが、31話でしたか、ありがとうございます。完全にネオギルドに利用されていたロボット刑務所がスピード再建後もやっぱりネオギルドに利用されているというのは、組織の強大さの表現だったのですかね……上があれなせいで、全くそうは見えませんが(^^;
 >『ジャンパーソン』は季節イベントがないので、本当は作中で数年経過してる可能性もありますけど、おそるべし世紀末TOKYOディストピア
ロボット刑務所といいブラボータウンといい、あの世界の日本政府は明らかにアブない……。