はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

絶望の後に希望は来る……のか?

◆wayさん
 >名前とデザイン、元ネタはやっぱり『ロボット刑事』のKと芝刑事なのでしょうか。
ベースはロボット刑事エイトマンぽいですが、「ライト」とか最後の名乗りも、何か仕込まれてそうですね。
 >ロボットの意識とプログラムとの葛藤、正義の所在など、第3話はテーマ的に一本の1クールアニメが作れるぐらいのものが
 >入っていたと思うのですが、惜しみなくつぎ込んでいく印象ですね、本作。
これで1クールやってくれても見たい! と思わせつつ、物凄い勢いでハイスピードバトルと共に歴史の片隅に放り投げられるという(笑) この贅沢さがちゃんと作品としてまとまってくれればいいのですが、一抹の不安も香りますね(^^;
◆さやまきさん
 >3、4話とゲストがウルトラの防衛隊員というのがなんかとても気になってしまってσ(^_^;)
3話の女性ゲストは、役柄はともかく外見は見栄えしましたが、ウルトラ経験の方だったのですかー。なんだか勿体ないキャスティングでしたね(^^;
 >4話とかかなり大掛かりな事態が起こってるハズなんですが世間的には思いっきりスルー気味で
社長も元に戻ったし秘書は記憶が無かったし、良かった良かった…………でいいの?! ていう。
 >ギャレンのアブゾーバーがチベットから郵送されてきた
ギャグ回のついでにパワーアップする役立たずさん……。