はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

轟然一発グラヴィトン

◆さやまきさん
 >スタートからいきなり主人公ワンセブンを全否定(そのヘルメット捨てるくらいなら僕にくれ!)
三郎少年のワンセブンへの扱いは、終始安定しなくて、7割方酷いという(笑)
 >ワンエイトとの壮絶な兄弟愛と兄弟対決(思い出補正200%)
私その手前でリタイアしてしまい、よりによってワンエイトの存在を見ていないんですよね(^^;
 >ワンセブン自体はめちゃめちゃ好きでしたが展開が斜め上過ぎたのか全く付いていけませんでしたσ(^_^;)
デザイン的には随所で面白いんですけどねぇ……話はホント、ぐだぐだで。そして今更気付いたのですが、1977年の東映ヒーローは、『ズバット』『17』『ジャッカー』と、立て続けに討ち死にしているんですね……(^^;