はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ジャンパーソン! ビルゴルディ! ジャンパーソン!

◆ナシナさん
 >かおるの悪役演技が面白かったです。最終回では美味しい所を持っていって、ここ数話で一気に番組を盛り上げた功労者になりました。
かおるはホント、途中しばらくマイルドに着地させようみたいな気配があったのを全て吹き飛ばして、衝撃的でした(笑) あそこまでやってくれると、どちらに転がっても面白いという。
 >勝利の為とはいえ、ブラックキャロルをけしかけて、ガンギブソン捨て駒にする。
あれが最高に素晴らしかったですね(笑) あ、やっぱり、ジャンパーソンの勝利の為なら、ガンギブソンとかどうでもいいんだ、というのが隠れてなくて。
 >かおるとジャンパーソン、人間とロボットの共存の象徴みたいな感じになっていましたけど、最恐コンビにしか見えない。
かおるが押し切った形になりましたけど、実の所、ジャンパーソン結局よくわかってないのではないか、という感もあったりで(笑) でもかおるは充足されているというのが怖い所でありますが!
 >特にマヤはごく初期から最後まで動いてましたね。
結局、人間界最強の存在だったという……(笑) 全編屈指の謎の多い存在です。
 >そして、改めて地味に真壁の残念さが際立ってしまった気が。
真壁は本当に勿体なかったですねー(^^; ネオ・ギルド最終章がもう少しきちっと組めれば、全体の完成度がより上がったのですが。テーマ的にもぼやけてしまいましたし。
 >最後まで「麗子様キャラ」を守り通したことは大きいです。ただの悪とは違う次元に上手く移行することが出来ました。
逆に麗子様は、割と力技でテーマ性を持ち込みつつも納得できる決着で、とても良かったですね。
◆西家さん
 >もしかしたらジャンパーソンは、またジーザスエンド編のような暴走を繰り返してしまうかもしれないと思えて、
 >素直にハッピーエンドと捉えて良いのだろうかとも思えました。
ジャンパーソンって、劇中悪の組織のカウンターではなく、世界の「悪」そのものへのカウンターなので、戦いは終わらないって要素も強いですしね……。
 >例えるなら、人々が平和に暮らしている世界の傍らで、∀ガンダムがいつでも月光蝶を使えるように待機しているようなラストというか(笑)
それは怖い(笑) そう言われてみると今作、ジャンパーソンが理想を実現しようとするとジェノサイドが起きかねないので、ジャンパーソンがジャスティス活動をせず安らかに眠れる理想の世界を僕らが作ろう=ジャンパーソンをホワイトドールとして眠らせておけますように、という意味でヒーローではなく人間みんなが立ち上がる事を訴えている、という物語構造とも取れますね。
 >3組織それぞれの完結編は、SSN編とビルゴルディ編が綺麗な決着を見せただけに、ネオギルド編だけがどうしても残念です。
単独でも残念回な上に、前後が良い着地だったので、ますます駄目っぷりが浮き上がるという…、これもジョージか、何もかもジョージが悪いのか。
 >最後の基地内での自爆で真壁を放置したまま普通に脱出していったのは、このまま死なせてやるのが本人の為と判断したのか、
 >殺す価値もないけど生かしておく価値も無い、という判断なのか非常に気になりました(笑)
……そういえば、あっさり脱出した上に、その後全く気にするそぶりも見せませんでしたね(^^; あれはあれで、自ら死ぬ事で家族の思い出に純化した存在になれるであろう、というラスボスの情けによる介錯だったのでしょうか……。
◆wayさん
 >明らかに学園長先生と同じタイプですな(笑)
ああ、確かに、そっち系(笑)
 >イケメン執事のオイカワさんとか、本作の壮年・年配の方々はみなさん強くて格好良すぎです(笑)
割とあの世界、美少女だけではなく、イケメンにも加護が与えられますよね(笑)
 >本領発揮すると今回みたいにウルトラCな構成できる人なので、このまま維持してもらいたいです。
事故った要因を別の形に仕立て直して使う、というのは修正としてはなかなかお見事でした。もう1回このネタに触れるなら、上手く決着してくれるといいですねー。