はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

「知恵」はないのか……

◆wayさん
 >オールスター映画や『スマイルプリキュア!』のシリーズ監督を務めた大御所の演出家・大塚隆史さんなのですよ。
なるほど、過去シリーズ監督の経験あって、現監督との繋がりもあって、という事で珍しい変則パターンがやれた、みたいな部分もあるんですかね。
 >大塚さんと田中さん(監督の方)は「長い目で見て正しい選択よりも、その場で力を尽くして出した答えの方がいい」
 >というテーマ性を押し出すことが多い印象です。
広義の青春ものにおいて「人生は今だけじゃない」と「今だから輝ける事がある」という相反するテーマ性がありますが、それを上手く融合しつつ、今作おざなりにされがちな学校ネタで繋げたのは地味な回ながら上手かったなぁと。
 >はるかのクラスが最下位でも1位でもいいのですが、話の本筋から外れてしまうので、あえて語らなかったという感じで。
その辺りやはり、「やり遂げる事」が大事だ、という形になっていて、見せる所見せない所の取捨も良かったですね。
 >もう終盤戦間近なのに、なんでここが未だ振り切れてないのか不思議でなりません(^^;
間違いなく、広げた方が面白くなる所だと思うのですけどねぇ……(^^;
 >「子供たちを捨てても確実な勝利」「勝てないかもしれないけど犠牲の少ない方を全力で頑張る」の選択
安易にリセットしては駄目なんだ、という部分だけが優先されてしまって、組み立てがちぐはぐになっていましたね……何を言っているのかよくわからなかった、というのが正直(^^;
 >「なんでもかんでも覚悟すればOK!」という危うさを感じるのですが、ある意味本作らしい気がしてなんとも言い難いです(^^;
強さよりも優しさよりも、最後にものを言うのは「覚悟」なんだ、というのが終盤のテーマの布石だとすると、色々不安が募ります……(笑)
◆さやまきさん
 >でも元妖刀とハオーさんのほうを販促しなきゃいけない為か(元妖刀買えば自動的に手裏剣付いてきますが)
販促の為には、いきなりポンチョ以外でも使えてしまうという(笑) 激熱ハオーの方は、そのままはまるとは思わなくて、いい意味で驚きましたが。
 >見た目がむしろマジレンコスのビートバスターにしか見えませんのでご注意をww
そもそも初期の陣がほぼ翼だったので、翼が陣なのも必然なのでしょうか……(笑)
◆橘まことさん
 >あそこは「ニンジャもいいけどお前だったら公務員とか安定した職業のほうが…」みたいな会話にしてほしかったですよね。
折角周辺キャラのリアクションで世界を広げられるチャンスだったのに勿体なかったですよねー。作品としても、どうにも一貫してないですし。
 >つくづく下山さんがメインライターを担当するのは早かったのかなあと(^ ^;
上のニンジャとも繋がりますが、とにかく狭い範囲でいっぱいいっぱいで、手が伸び足りないって感じがどうしてもありますね(^^;
 >例年通りだと今度の日曜あたりに次作の発表があるはずなので、気持ちがすでにそちらに向き始めています(笑
おお、そろそろですか。なんだかんだ2年連続完走は出来そうなので、次がどうなるかは楽しみです。