はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

青すぎる

◆ナシナさん
 >リアル嗜好にしたいという方向性は分かりますけど、武器にしろ装備にしろ色合いにしろホントに絵柄が地味ですね。
よく考えるとジャンパーソンも寒色系だったのですが、ブルースワットは3人並んでいる為か、やたらと暗いですよね……(^^;
 >重いイメージがあったのですが、会話のやり取りは結構軽快なんですよね。1話目はちょっとしっくりこなかったけど、2話目はそこそこ楽しめました。
同じチーム物でも、《レスキューポリス》の時と違って3人の関係が対等というのが、上手い具合に軽妙さに繋がってますよね。
 >ただ元の所属組織が盛大に壊滅し、死人がたくさん出たのに、その辺りにあまり触れていないのがドライすぎる印象を持ちました。
……言われてみれば。ショウにしても、死んだ仲間への思いはあるからエイリアンを見過ごせない、という部分はあるのでしょうが、組み込みきれなかった感じですね。本当なら、主任の最期からその辺りを繋げる流れだったのでしょうが、あの謎の無反応のせいで……(^^;
 >ちなみにジャンパーソンに登場した人間モドキ役の方だそうです。
ああ! なんとなく見覚えあるなーと思っていたのですが、そういう流れでしたか。声質の重さも割といい感じで、今のところ一番気に入っています。