はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

たった一人きり 君の存在が

◇『コンクリート・レボルティオ』第11話
なーんか、凄いの来たーーー!
と思ったら、他にも色々凄かったー!
1期目ラストに向けてぐいぐい来て、あまりに盛り沢山すぎたので細かく触れるのは避けますが、色々あった中でも最高だったのは、柴刑事の
「みんなそう言うんだよぉ」
です(笑)
やっぱり柴刑事はいいなぁ。
法治の人、という立ち位置がハッキリ貫かれていて素敵。
そんな柴刑事がテロリストに転向する未来も描かれているわけですが、めでたく2クール目が発表されたので、その転機の事件が描かれる事も期待したい。この分だと順当に1クール目の終わりが爾朗の退職絡みの話になりそうですが、そこに柴刑事も絡んでくるのかどうか。
そして、案の定「押したら落ちる」と思われている爾朗センパイ。
でもセンパイのストライクゾーンは、 天弓ナイト 年上でどこか蔭のある和服美人だから!
次回――「今日も君の正義が私の自由を侵す。さあ答えよ! 君の戦う理由を」
楽しみ。
……ところでメイドさんが今回喋りすぎたので、次回、地下室でバラバラ死体になっていたり、第2期にバイオメイドとして登場したりしそうで、ドキドキします。