はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『カタラレズトモ』ヘビーローテーション中

◆wander_sheepさん
 >あれは撮影協力しているスズキの、レーシングチームの服らしいです。つい2日ほど前に知りました。
あああ、そうだったんですか!(笑) いやもう私もてっきり、茂の自己PRだとばかり。クウガのマーク的な。
 >端の方にワンポイントなら、薔薇ジャケットもありだと思います!(あくまでも城茂なら)
ちょっと変とは思いつつ、ああいう衣装のワンポイントでキャラクターに個性をつけていくのは面白いですね。ジャケット振り回して戦っていたのも面白かったですし(ダメージ低かったですが)。
 >アニー演じる森永さんのキレキレのアクションに(しかしミニスカばかり注目されがちでもったいないです)
 >さりげなく敵との因縁もあったり、バディと呼ぶのがぴったりな存在感だと思ってます。
アニーはテーマソングとかもありましたっけか。『ギャバン』以降あまりしっかり見ていないのであれなのですが、宇宙刑事シリーズ〜スピルバンまでの、ミミーさん(仕事しない)に始まる、男女コンビの試行錯誤と展開というのも面白いですね。
◆wayさん
 >家出中の爾朗がそれを聞いて一言も述べず振り返らないのも、すごく納得。
爾朗は爾朗で問題あると思うのですが、爾朗の対人スキルのを基本をしつけたの笑美さんぽいしなーと、色々、複雑な気持ちになります。
 >「ここからが本当の戦争だ」からの、大人超人の悪人台詞連撃は面白かったです(笑)
柴刑事含めた思春期タイムから、あの切り替わりは良かったですね(笑) ジャガーさんは。外務省の予算で何を作っているのか……。
 >「運命に飲み込まれて人に救いを求める役」が似合う人がいて、関さんと石川さんは両方とも後者だと思ってます。
……あー、確かに二人とも、物語途中で沼に落ちて沈む役とか似合いますね……(笑)
 >霊的存在や幽霊などの存在がありつつも、仏教とかキリスト教などの宗教概念が描かれていないので何とも言えないのですが、
 >爾朗のこのズレは認識不足からきているものじゃなくて、そもそも「神仏(の正義)が存在しない」という認識からきているのではないかと思います。
言われてみれば今作、今のところ神の概念は持ち込まれていないですね。一番近い所で、4−5話における「怪獣」でしょうか…………て、あーそうか、爾朗は「神(怪獣)になりたくない」から、「神以外の正義」を求めていて、行き着いたのが超人である、と。
 >(その点を考えると、元号を「神化」にしているのもまた皮肉)
後半は「神」の話は出てくるのかもですねー。石ノ森テーゼとして重要な要素でもありますし。5話の怪獣撃破とか、12話の秋田さん成敗とかは、神殺しのイメージが既に入っているのかもですが。
 >そして離脱後は神の存在を機械に見出す……
この辺り、爾朗は神を忌避しながら、結局神に救いを求めてしまっているようにも見えて、どう転がしてくるか、楽しみですね。