はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

輝く魂はプリンセスの条件

◆さやまきさん
 >何をやっても上手く行かない時って、ありますよね…じゃ済まないでしょ!(苦笑)
年月分の洗練があるものの、今のところ事故レベルは『ジバン』級ですよね……(^^;
 >個々のエピソードをもっとちゃんと面白くしようとかもう少し出来そうなんですけど東映ってその辺が伝統的に得意じゃないんですかねσ(^_^;)
脚本家テコ入れとかが後手後手になりがちなのは、ギャラの問題とかが出るのですかねぇ……(^^; 今作の場合、ただでさえまとまっていない所に連続で複数脚本家を投入したら、ますますまとまらなくなってしまいましたが……。
 >で中盤〜後半にかけてすんごい(色んな意味で・笑)テコ入れがあるのもやっぱり東映だからなのか(苦笑)
すんごいの……ありますか(笑) 正直、若干心が折れ気味なのですが、シグさんを糧に頑張りたいと思います(笑)
 >嵐の続編であり嵐と響鬼が実はガッツリ噛み合った世界だったという設定やラストにはそれを現代(昭和)まで繋げてくるという
 >きだつよし節爆発の一作です( ´ ▽ ` )ノ
小説版は最終的に「小説だから」と言い訳可能なので、割と皆さん突っ走っているのでしょうか(笑)
 >次のロイヤル覚醒回は正直プリキュアの歴史に残るネ申回と言って良い盛り上がりで
 >じゃ今までのは何だったんだよという負け惜しみ的な気分も少し(苦笑)
ああ、結構シリーズで見てもいい回だったのですね。ホント今回は、いいもの見させていただきました。
 >そこから全てを全肯定にねじ伏せてしまうはるかという組み立ては今までのプリキュアの演出には見られなかった新しい見せ方だと思いました
ああいう展開にすると、新しいテーゼを持ち込んだりしがちですが、今までの流れを肯定した上で、その肯定がエピソードの内容ばかりでなく全体のテーマとも繋がっている、というのがとても良かったです。
 >自分の夢や目標をあそこまで完膚なきまでに否定されておきながらそれで良いと言い切ってしまえるのはちょっと突き抜けたなと思いました
はるかはどんどん、自己発電するモンスター化していますね……(笑)
◆wayさん
 >実はこのセリフ、キュアフローラのイメージソング「Dreamin' Bloomin'」の歌詞の一節です。
ああ、そんな所で仕込み(或いはキャッチボール)があったのですか! ここまでひっくり返すかはともかく、過去のはるかへの感謝、という形に繋げる所までは計算あったのですね−。
 >シリーズ全体だと、家族以外で関わる年代近いorやや上の男子というのは藍原少年みたいなキャラの方が多く、
 >まず戦闘には出てきませんし、恋愛とかもごまかすような感じにされる(以前コメントしたように「振り返った時に初恋だったと思う」ぐらいの)ことが多いです。
見る前は、女児向けだと少女マンガの王子様的キャラクターが居るのかなーと思っていたのですが、意外と、というかむしろ、そこまで重要にしすぎないという感じが多いのですね。
 >前作のダメージ引きずって放映初期にカナタ王子まで風評被害受けてたということでお察し(^^:
風評被害……(笑)
 >あ、それと次回作『魔法つかいプリキュア!』の情報が公開され始めてますね。
現時点では、二人コンビ、というのは原点回帰的な意識があるのかなーという辺り、『プリキュア』初心者としては、今年と違うパターンを見たいという点において、ちょっと楽しみな所です。
 >サイト見る限り作風もガラッと変わるみたいですし、今のところ公開されているキャラクター情報に王子枠はない模様(笑)
総合すると、二枚目好きとしては良いタイミングで『プリキュア』初視聴したという事でしょうか(笑)
◆橘まことさん
 >39話は録画して何度も見たかったと思わせる、実に僕好みの「ヒーローが誕生したエピソード」でした。
いやー、本当に素晴らしい「変身」でしたね。凄く真摯にヒーローを描いてくれて、とても良かったです。
 >それを描くと決めた時に、視聴者にクッションを与えるべくこのエピソードをこのタイミングに持ってきたのかな、と感じました。
ああ、38話ははちょっと強引になりましたけど、ラストへの布石というのは、確かにありそうですね。
 >「皆でつかんだこの世の平和、その中への旅立ちは嬉しいながらも少し寂しい」
メンバーの目的意識をハッキリさせていく、という作品構造ですし、巧く汲んで、気持ちいいラストへの着地を期待したいです。
◆wander_sheepさん
 >ショウに何か慰めの言葉をかけようとするサラをそっと止めるシグ、という感じのカットを
 >ベタでもなんでも入れた方が、まだずっとましだったのでは・・・。
ドラマとしての志はともかく、演技力で表現しきれない部分は、やはり動きを入れてわかりやすく感情を見せる、というのは必要だ、というのがわかりますね(^^;
 >1話のあの場面といい、戦士としてひたすらドライに徹する訓練でも受けてきたのですかね。
サラは切り替えハッキリしてそうにしても、シグはいい意味で感情的なキャラクターっぽいのに、その辺りも巧く組み込めてないですよねー。
 >あ、でもあの場面セイジも無表情でしたっけ。悪影響?
一応セイジはちょっと顔を歪めるぐらいの感じでしたが、並べると埋没してしまうので、中途半端になってしまいましたね……。メガネでわかりにくい部分も、もう少しオーバーで良いとは思うのですが。
 >そして何故鳥羽をそのまま現場に葬っちゃいますか。
あれはもう、東映特撮の手癖でやってしまった感じでしたね(^^;
 >鳥羽はそうではないのでは?しかもそこそこ世間に知られてもいる人ですし。
ドラッグを廃棄するついでに、ブルースワット隠蔽工作で鳥羽は行方不明扱いにされているのではないか、という危惧が。
 >何故か急に嗅ぎ回り始めたスミレ(も謎です)が速攻で通報しないのが不思議なレベルだと思います。
次回、いきなり通報から始まったら面白いなぁ……とは思っています(笑)