はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

冬アニメ第2話

◇『アクティヴレイド
引き続き、そつのない出来。コンセプトから想像される内容を実績のあるスタッフが真っ当にやっており、面白いけど驚きは無いけど面白い、といった所。
70〜80点ぐらいで想定したハードルを順調に跳んでいて十分といえば十分なのですが、前期『コンクリート・レボルティオ』が、想定したハードルを棒高跳びで越えていった作品なので、どうしても引き比べてしまう所はあります(^^;
あと、仮想敵の『機動警察パトレイバー』が非常に強大なわけですが、わかって挑んでいるのでしょうから、この先のお手並み拝見です。
内容ですが、初出撃したらOSが初期設定ままだったので不要なポップアップが山のように出て大混乱、というネタは面白かったです。
悪い意味で気になるのは、キャラデザ&作画が、女性キャラの頬にやたらとピンクを乗せているのですが、その為、いまひとつ細かい感情の動きが掴めません。そんなに乗せなくていいと思うのですけど。
「今回の私の行為は、正義の警察官に許されるものでは!」
「大丈夫。警察官は正義じゃないから」
「は?!」
「あなたに正義があるのはいい。でも、私たちが守るべきものは法律なの。個人の正義を、職場に持ちこんじゃ駄目よ」
ラストに印象的に持ってきて、一つ物語の軸になるようですが、これをどう転がしていくのかは楽しみ。


◇『ハルチカ
閃き役の活発系女子よりも、探偵役の頭脳明晰男子の方が実は暴走特急というのは、探偵ものとしては珍しい構造でしょうか。……そのお陰で、現状チカの方の存在意義が限りなく薄くなっていますが(^^; この辺りは、巧く組み込んでくれる事を期待したい。


◇『DimensionW』
1話は今ひとつノれなかったのですが、2話はぐっと面白かったです。
私好みのキャラクターが出てきたというのもありますが、ドローンと並走するサイボーグ怪盗をアスリートダッシュで追いかける主人公とか、ロボ子が着地した際の重量と衝撃で自動車のエアバッグが作動してしまうとか、細かい演出も良かった。
難を言うとキャラクターの台詞が説明的にすぎる所ですが、ロボ子はロボ子だからでまあいいとして、皆揃って設定や状況を丁寧に解説しすぎ(^^; まあ、最初に世界観を説明しておかないと、視聴者に切られてしまう、という意識もあったりはするのでしょうが。その辺りは流れの中でじわじわ見せてくれる方が、好きではあるのですけれど。
そこを差し引いても評価急上昇で、第1話の内容はオープニングと回想シーンだけで大体わかるので、第2話からでもお薦めしたいなーと思ったのですが、バンダイチャンネルGYAOも、無料配信は1話だけなのか……。ニコニコ生放送というのが今日23:00〜あるのか……?