はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

痒い所に届かない

◆ナシナさん
 >殉職した主任以下組織の職員はいろいろ言いたいことがありそうです。
どうせチームを強調するなら、第1話で散っていたメンバーの志も引き継いでいるんだ! みたいな形で拾ってくれればまた印象変わるのですけど、そういう所まで拾ってくれないのがどうにも今作の手の伸びない所ですね(^^;
 >何だか仮面ライダークウガってブルースワットでしたかったことをリベンジした作品だったのかと最近思い始めました。
改めて見ると、影響を受けたまでかはともかく資料の一つとして参考にした感はありますよね。『クウガ』メイン監督の石田秀範がこの当時はチーフ助監督をやっているので、初期のエイリアン密談の雰囲気をグロンギ井戸端会議に移植したぐらいはありそうな気もします。
 >スペース菌にスペースフーズという名称じゃなくて良かったという謎の安堵もありました。
スペースフーズは、一歩間違えていたらやりそうだった感が全開ですね……(笑)
 >普段は金にこだわっていて軽薄だけど、結局困っている人を見過ごせず、つい事件に首を突っ込んでしまう性格って、
 >ちゃんとバランスよく書ければ、好き嫌いはあれど印象悪くならないし、上手くいけばコメディ要員としても活かせると思うのですが
そうなんですよねー、ショウはもっと上手く広げられたと思うのですが、凄く急に初期設定を無かった事にした雰囲気で。あくまで勝手な推測ですが、第3話の賭け自転車レースが何か問題にでもなったのかなぁと。それでショウ周りのシナリオ予定が少し段取り狂ったのではないかぐらいの事は疑ってます(^^; そして癖を抜いたら影が薄くなってしまった、という鉄板の駄目パターン……。
 >まだ記憶に新しい前作の主人公が間を置かず、悪役キャラ(しかもレギュラー級)を演じるのはシュールですね。
戦隊レッドも数年後にゲスト悪役とかありますが、声だけとはいえ翌年即だと、オトナ視聴者としては一瞬引いてしまいますね(笑)
 >もしスワット2号役なら、ちょうどジャンパーソンの人とパターンが逆ですね(前作の悪役がスーツアクターとはいえヒーロー側のキャラを演じる)
ああ確かに!(笑) スーツアクターさん同士では結構あるのでしょうが、声も絡むと珍しいですかね。