はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

まるで月と太陽

◆さやまきさん
 >プリキュアもだいたいまずインパクトから、理屈はおいおいってパターンが多いですね
フォーマット継続型のシリーズは、とりあえず第1話で前作の印象を消す事を意識して作らないといけない、というのは割と大変そうですね(^^; 戦隊ならとりあえずアバンで大爆発という手段がありますが(笑)
 >名前のイメージから今回は肉弾戦よりも川北特撮的(笑)な遠距離戦主体になるのかな?と思ってましたがどうやらそんなこともなく
肉体強化系の魔法ですかね……(笑)
 >なんか最後のほう某有名英国映画みたいな演出もあったり
完全に、お約束のアレンジ、という使い方でしたがあれはもう一種パブリックな存在なのですかねー(笑)
 >魔法つかいという部分はそっち方面から補強してくのかな?て匂いもしますが果たして…?
しっかりとやってくれれば、異世界と行き来する話って割と好きなので、その辺りはちょっと期待しています。
◆wayさん
 >悪役が設定の基本事項(リンクルストーン・エメラルド)をいきなりペラペラ説明してしまうのが気になりました。
ああそうか、やたらよく喋るなーと思ったら、主人公サイドの説明役が不在なのですね(^^; 変に丁寧な感じも、キャラクターとして消化してくれればいいのですが。
 >導入部とか、なんだか全体的に劇場版オールスターズを思い出すのですが、脚本の村山さんがテレビ放映の1話とか意識せず、
 >そういう感覚で描いちゃったのかな、という気も。
とりあえず桜のビジュアルで押していく、とかその辺りは好きなんですけどねー。二つの世界の描き分けを上手くやってくれると良いのですが。
 >伝統としては主人公(初代のキュアブラックの系譜、主にピンク)は運動得意だけど勉強苦手でネジが飛んでいる子、ってされるのが多いです(笑)
ぐいぐい押していくタイプを描くと、どうしてもネジが緩みがちになるんですかね……(笑) 懐に飛び込んでいく表現、というのは難しい。
 >ほっとくと主人公のみらいの方が強くなって、リコはどんどんどんどん残念が進行していきそうな気配です(^^;
リコはなんか、声優さんに任せておけば何とかしてくれるだろう、みたいなスタッフの雰囲気をちょっと感じます(笑)
 >みらいは例年通り中学2年生の設定なので(忘れそうになりますが、はるかは中学1年生で歴代主人公最年少でした)
ああ、シリーズの基本は2年生なのですね。ちょっと年齢より幼い感じに思えるのは、導入の都合だけではなく、話の中で意味を持ってくるのは期待したいです。
 >……まあそれよりも、さらっと過去作のラスボス登場で驚いたのですが!
おお、そうなのですか。私は見る度に、悪役の魔女の等身がおかしい気がして気になります(服装のせい?)
◆橘まことさん
 >極力肉弾戦をさせないようにしたのですが、その評判が芳しくなく、以降バトルの基本は肉弾戦になった、という話があったはずです。
事実関係はさておき、演出的には、遠距離だとバンクの打ち合いになりがちなのは難しい所なのでしょうねー。プリキュアだと部分破壊表現も難しそうですし。基本、肉弾戦路線自体は好きなので、魔法使いにも面白いアクションを期待したいです(笑)