はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『烈車戦隊トッキュウジャーvsキョウリュウジャー』感想

年明けに地上波で放映されたものを視聴。
かなりざくざくカットされていたようなので作品として云々は触れませんが、トッキュウジャーが設定上、あまり他の戦隊と並べてあっけらかんと戦わせにくいという事を苦慮してか、かなり先代サービス強め、という印象。あの二人含めて、ほぼフルキャストでしたし。
そういうわけで『トッキュウ』好きとしては物足りない所もありましたが、『キョウリュウ』のさっぱり感とは、案外いい組み合わせだったのかな、とは。
ハイライトは、そんなトッキュウジャーの正体を知り、
え? 何その外道な設定? と、真顔になるキング。
キングはその勢いで、総菜の顔面に全ブレイブを込めたハンマーナックルを叩き込んでもOKですよ?
あと、城に放火されたのでムカつく、と皇帝陛下一行がクライマックスにやってきてしまったのは面白かったです(笑)
うん、陛下、善とか悪とかいうより、気分だから。