はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

四角い資格

Beniさん
 >字幕表示で見ていたら「オボエテーロ」とカタカナ表記だったので、あれ、もしかすると転移魔法の呪文なんじゃないかと思います。
ああ! 変わった発音でキャラ付けしているのかと思ったら、呪文という事でしたか。納得です。
◆ジュピさん
 >感想お疲れ様です。体調は大丈夫ですか?
ありがとうございます。ようやく熱も落ち着いてきました。
 >サブとしてはいい脚本書いていたのに、メインになるとアレ?って思う脚本
足りない部分を補うのは巧いのに、本流に入るとあれ? てパターンありますよね……(^^; 香村さんはその辺り、『ウイザード』の経験が活きているのかなーとは思います。
◆wayさん
 >顔出し出演を見越した配役の感じがするので、戦隊に変身する草加雅人が見られる時は来るのか。
素直に考えると顔出し6人目だけど、鳥のパワーは大和が持っているぽいしなぁ……と大人向けメタ引きもなかなか巧い所を突いてきてますね(笑)
 >字幕ありで視聴したところ「王者の資格」と表記されており、公式サイトでもこの表記でした。
てっきり、資格とかけた四角だと思っていたのですが、四角とかけた資格だったのですね!(複雑)
 >誰でも拾える王者の資格って、それはそれで怖いような。
まあ、拾っただけでは使えない、となっているので良いのでは(笑)
 >香村さんの表裏一体な長所と短所がどう転がるか、流石に全部一人で書くことはないと思われるのでサブライターにも期待したいです。
前作が脚本家絞りすぎて悪い意味で固まってしまった面があったので、今年は巧いことバラエティを広げてくれるのは期待したいですね。荒川先生がそろそろ、本家でアイドル回やりたくなってくる頃合いではないかと思っているのですが……(笑)
 >最終的に天元突破までは……さすがに行かないか(笑)
フォームチェンジごとに、惑星規模→太陽系規模→銀河系規模……
 >本作は魔法の呪文で学校を治したりするのか、と思ったら普通に倒したら元に戻った、っていう(^^;
初期状態から大規模修復魔法とか使えると、プリキュアの伝説っぷりも説得力が増したかもですね。まあもしかしたら、現状のあれが実はそういう事だったりするのかもですが。
 >敵を倒したら原状回復に至る、という繋がりがちょっと弱く見えると思います。
わざわざ映像でハッキリ見せている割にはむしろ、あれ? て感じがありますよねー。2作目の視聴者としては、前作と比べると、敵もちょっとよくわからないので、そこは戸惑いがあります(^^;
 >アイテム解説実況についてはやっぱり決まった解説役を用意できなかったのが響いてるなーと(^^;
2話続けて、テンポもだらっとしてしまいましたね(^^; 確かに、校長先生だと思って見ると、やたら他人事で無駄に胡散臭い(笑) ……保険か、むしろ保険金目当てなのか(待て)
 >リコの無断外出や補習サボりが正当化されるわけではないと思うのですが、なんか勢いで許しちゃった感じになってて気になりました。
実質みらいの付き合いで春休み潰れる事がほぼ確定なのでそれでいいのか……どうかはちょっとギリギリな感じですね(^^; 次回以降で教頭先生含めフォロー入れてくれると良いのですが。
◆橘まことさん
 >ラストニンジャの力、恐るべしですね(違
落ち着いて考えると、『プリンセスプリキュア』→『ニンニンジャー』で2週間の間に真逆の方向にエネルギーを大量消費した結果、脳が変な消耗をしていた影響もあった気はします(^^;
 >TLの感想で「おおっ」と膝を打ったのが「デスガリアンはインベーダーゲームがモチーフ」というものでした。
ああ、それは確かに成る程ですね。敵がブロックになって吹っ飛ぶのをどう解釈したものかはちょっと悩んでいたのですが、インベーダー倒した感じ、と言われると凄く納得です。