はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

天秤が足りない

◆wayさん
 >まだ第4話なのにここまでひどいキャラもそうはない気がします(^^;
校長でなければまだいいのですけど、仮にも校長というのが引っかかりますよね……。
 >みらいに至っては別にエメラルドはどうでもよく、リコがそれを欲しがっているから善意で協力するだけでしかなく、
 >校長もリコもその善意に甘えっきりっていうのが酷いです。
この後の一山に持ってくるつもりなのかもですが、今作の構造だと、そこを先に問題整理(少なくとも把握)してくれないと、どうもスッキリしないですよねー(^^; リスクも露骨に直接攻撃ですし。リコはどんどん、ただの駄目な子になってますし。
 >行動力を身に着けるための試練のはずなのに、みんなみんな偶然で適当に捕まえていて、これ試験になっているんでしょうか、っていう(笑)
一応皆、みらいに引っ張られて走り出したから捕まえたという事なのでしょうが、時間の都合で凄く杜撰になりましたね……(笑) 次回以降、ちゃんとクローズアップしてちゃんと友達になってくれると良いのですが。
 >ぬいぐるみがしゃべるのはみんな驚くようなことなのに、紙で出来た蝶が花の蜜を吸うのは当然のように扱っているのも引っかかりました。
確かにぬいぐるみ、行く先々で異常に驚かれますね……。そして誰もその後には引きずらないので、結局、凄いのか凄くないのかよくわからないという……(^^;
 >結局ヨクバール召喚で戦闘そっちに任せっきりになってしまったりして、今一つどうしたいのか。
カメ将軍的に特殊能力の範疇なのかもですが、ヨクバールがまた、物語との関連性が薄いので今のところちっとも面白い敵になっていないのも困った所ですよねー。
 >この4話で3人出しておいて全員第一印象がパッとしないのも苦しいところだと思います。
目的が暴力に単純化しすぎていて、全員、女子中学生に因縁つけるチンピラに集約されてしまっているという(^^;
 >対になる形で、みらいがきちんと作戦を考えて蝶を追い込む(本から花を出して誘う)ことで、
 >リコとみらいが互いに影響を与え合っているという流れにしたいのだと思います。
ああ成る程、みらいの行動は行動でリコの影響を受けていると……「紙の蝶が花が好きなら本の花はもっと好きな筈」が超理論すぎて気付きませんでした(笑)
 >セリフではむしろリコの方が強調されてしまうので「考えない方が強い」の印象ばかり強くなってしまいましたね(^^;
戦闘中にミラクルにも台詞があればまだ良かったのですけど、無言でカウンター決めていくので、本能で戦う野獣最強みたいな(笑)