はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

シルバニックギア略すとシルバニア

◆wayさん
 >どうして彼がここまで重宝されていたのか、よくわかりませんが(^^;
毎度宮下さんとの連名だったり、色々謎ですよね……。
 >前にもコメントしましたが、てらそまさんの声もあって、この人が真の邪悪なのではないかという気配が漂います(笑)
ズブズブになった所で豹変しても、おかしくはないですよね(笑) 「信じろ」とか言い出すのがなんとも怖い……。
 >またも宮下レーザーで、正体見るなり吹きました(笑)
そういえば(笑)
 >杉村升系列でこの時期の東映はこういうの多かった印象があります。
ああ、『ジュウレンジャー』がウケた流れで、発想的には大きくゲームぽい要素の一貫だったのですかねー。如何にもな強化アイテムの渡され方とか、なんか納得する所があります。
 >リフレクで敵の自滅狙うだけの新装備(一応、肉体のパワーも上がる?)って、凄くセコいですし、見ていてどうも釈然としませんでした(^^;
ここまでやったのだから、もっとわかりやすい強力武器を与えても良かったと思うのですが、サラとシグが空気になるのもまずい、という判断だったんですかね……。
 >話の内容が夏休み箸休めエピソードっぽいところもあって、凄く盛り上がらないパワーアップになってしまいましたね……。
ムッシュとの決着編でパワーアップとかならまだしも、何故かパワーアップの後に突然の決着編という、ホントさっぱり意味わかりません(^^;
 >ここで怒っているショウ本人が戦う形になってくれたので、プラチナム出現のドリフ大爆笑感はちょっと薄れたようなそうでもないような(笑)
一応、話の流れとしてはまだ格好がつきそうですが、次回以降、どんな感じになるのでしょうか……(^^;
◆gariさん
 >この後はフラグシップと言う会社に参加しています。
ああ、鈴木康之もフラグシップ組なのですねー。
 >参加後は鈴木やすゆき名義でアニメ脚本に参加するようになり、遊戯王NARUTOの脚本で名を上げていく事になります。
この時期の仕事に関しては悪い意味でずっと忘れないと思いますが、あれこれあって、今は独り立ちしているとなると、宮下さんも目をかけたのは間違いでなかったという事でしょうか……。