はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『レッドマン』の主題歌は割と癖になる

◆wayさん
 >出ましたね、『赤い通り魔』ことレッドマン(笑)
そんな通り名が(笑) 『ウルトラファイト』の時はナレーションが狂気を増幅していましたが、いっさい無言で進行するのもそれはそれで感が激しいですね(笑)
 >すみません、話数カウントが誤ってます。6-7話ですね。
おおぅ、ありがとうございます。
 >レベルの高いことをいきなりやろうとして失敗、という印象を受けます。
変なプライドを持っている、という描写はあるので、確かに余計な事をして失敗しているという部分もありそうですね。全体的に、教師陣は大丈夫なのかという疑念も湧いてきますが……(^^;
 >現状リコの資質ばかりが肯定されていて、努力と根性はないがしろにされているような気がしてなりません。
回想シーンでちょっと補強しましたが、例えば夜中にテキストを懸命に勉強しているリコの姿をみらいが目にする、とか、そういう積み重ねがちょっとずつあるとだいぶ印象違うと思うのですが、そういうの無いんですよねぇ今作(^^;
 >いくらレベルが高い魔法でも、必要な時に必要な魔法が使えないのではどうにもならないと思うのですが(^^;
ああ、確かに(^^; その辺り補習編が全体的に、合格ありきとエピソードで見せたい事が噛み合わってない感じですよね……。
 >この世界は才能絶対主義(しかもそれを生まれの運命が定めてしまっている)なんじゃないかと気になって仕方ありません。
主人公達はそれで良いとしても、では市井の人々の魔法による幸せな生活とは何か、という描写が足りていないので、悪目立ち感が出つつありますよね……(^^; 全体的にそういう、劇中の対比構造がおざなりなのは気に掛かる所です。
 >前話と合わせ、魔法界は運命が杖の木に操られている閉ざされた世界なのではないかと暗い部分が伸びてきているような……。
そういえば人間は生まれると魔法の杖を手に入れますけど、他の知的種族はどうなんでしょうね……見る限り、人魚は持ってなさそうでしたが、杖を持たない劣等種族として(以下略)な歴史が……。
◆さやまきさん
 >レッドアローはウルトラマンジャックさんから強奪してきました(笑)
ああ、ウルトラブレスレット! もうあれ、十字架ついた墓標にしか見えなくて(笑)
 >プリキュア、ドリルキ〜ック!!
なんか、映像でぐるぐる回ったりしてしましたね……(笑)
 >アニメの普通演出の途中で急に台詞や動きがミュージカルになるのはかなーりシュールでしたよww
ミュージカル形式は人を選ぶと思うのですが(苦手)、どこから出てきたのでしょうね……。ダンスの拡張といえば、ダンスの拡張なのかもしれませんが。
 >ブルースワットってその辺の詰めをそもそもやってないんじゃ疑惑がありますね(苦笑)
金色さん登場後どうも、ギミックを物語の中に取り込む事で面白くする、みたいな作業を放棄している感がありますよね……(^^;