はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

魂が吠えている

◆wayさん
 >折田さんは本作のこの2本撮影で東映を定年退職したとのことで、これが引退試合みたいなものということになります。
ああ、そういう功労者記念みたいな位置づけだったのですね。とすると確かに、一種の戦友として、上原正三とのコンビで1本、という意図だったのはありそうですね。
 >本来スポーツ選手として優秀だからスカウトされた設定のショウが「動けないおっさん」扱いなのに、どうにも首をひねってしまいました(^^;
折角いい流れだったのでショウが格好良くて良かったと思うのですが、『ブルースワット』の作品事情がそれを許さない感じで足を引っ張ってしまいましたね(^^;
 >今回は少年との別れに用いることができて上手いと思ったのですが、多分動いても都内で大したことなさそう(笑)
大人はズルい(笑)
◆さやまきさん
 >これでまた同じ脱出とかし始めて無限ループに入っちゃったらどうしようって感じですけどww
素直にアジトに運ばれてくれホッとしましたが、今度は体育座りモードで、それはそれでどうなのか、みたいな。
 >逃げる時でも堂々としてる茂は最高ですね
割と手も足も出なくて逃げている筈なのに、何故か格好いい(笑)
◆wander_sheepさん
 >セルフ引用にかこつけて、何かかっこいいサブタイトルをつけたかったのかも・・・。
どうやら折田さんの退職の餞という要素があったようなので、格好いいタイトルにしようというのはあったのかもですね。もしかしたら、折田さんが『ジャスピオン』がお気に入りだったのか。
 >たぶん頭のいい少年なのだろうと思うので、協力を求める方がより現実的な手段という気がします。
ブルースワットの対応や装備が明らかに非常識ですからね……(笑) あれ見た時点で方針転換する方が自然だよなぁというのは確かに引っかかった所です。
 >ただまあちょっとひねてそうでもありましたし、自分だけで何とかしたかったのでしょうかね・・・。
シナリオとしては、そちらが主眼だったのでしょうね。一度大人への信頼を裏切られた事で、サラの強さとか、明らかにおかしいブルースワットの装備を素直に認める事が出来なくなってしまった、という。ブルースワットが完全装備でなければまだ頷けたのですが、今作のどうも難しい所で(^^;
 >強引に脳内補完しないと、エネルギーにされたお兄さんが浮かばれません・・・。
お兄さん、やけに格好良かっただけに……。