はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

タイトルの副題も割と謎

◆さやまきさん
 >と徹底した死角攻め(四角攻め?)は戦隊ロボ戦でもめった見ない戦法で最高でしたww
はじめてのダブルロボで、前後から挟み撃ちはインパクトありましたね(笑) その上で、銃撃と剣撃のダブル必殺技もはまりましたし。
 >戦法のえげつなさも含めて(笑)
割と邪悪には躊躇ないジュウオウジャーメンバー(笑)
◆gariさん
 >全体的に漂うチープさ、微妙な時間帯、定着している声優の変更、尺足らずが予想される放映予定
どこに見せたいアニメなのか、という所からけっこう謎ですよね……。
 >「最初から頑張らない」と開き直られると、逆に最初から諦めがつく分確かに反感持ちにくいなぁ、と感じます。
必要以上の手を加えない事で、褒められもしないけど、余計な怒りも招かない作り、というのは確かに……(^^;
 >低予算・個人製作のフラッシュアニメが一時期かなり流行しましたが、それにもう少しだけ予算突っ込んで最低限の体裁だけ
 >整えたのが本作なのかな、と。微妙に適当な原作演出再現とか実にそれっぽいです。
あー成る程、あの原作と似た構図の半端な挿入の仕方とか、フラッシュアニメめいたものの延長線上にある、というのは凄く納得です。
◆wayさん
 >テンポは確かにいいけど、そこ本当はテンポ良くしちゃダメな部分だよね、というか。
なるほどくんが有利な時も不利な時も同じテンポで進行してしまうので、感情が伝わってこないんですよねぇ……。
 >そういうハッタリを効かせてましたけどアニメ版はそういう工夫がされるわけでもなくて、全体的に色々物足りませんね。
原作がゲームとしては過剰演出を売りにしていた為か、そのまま持ってきているけど、アニメだとむしろ大人しく見えるという(^^;
 >これ確実にゲーム未プレイの方を置いてきぼりにしちゃうよねと思います。
最低限、ゲームの基本設定を把握していないと全く面白くない気がするのですが、その割には時間帯考えると、小中学生狙いなの? とか色々と謎が広がりますね……(^^;
 >原作第1話では 8月だった設定が3月に変更された
あー、一応、そういうリアルに関わる部分の修正はちゃんと入れているのですね。