はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

レッドフォール!

◆さやまきさん
 >寝てない!
怪獣殺害の動機は、「昨夜の睡眠不足」とレッドマン容疑者は供述しており……
 >リアル通り魔みたいな攻撃の仕掛け方しますからねこの赤い鬼畜さんはww
唐突に無言で刃物抜く所がホント怖いですよね(笑)
 >しかも最後尾車両の後ろでなく横に流されそうになるリコ…
実はまだ、箒にちゃんと乗れない疑惑……。
 >しかも他の作画に一部映画とは思えないクォリティの絵が混じってたりして
 >スタッフ難が演出の雑さにも繋がってる?と製作状況大変な気がしてますσ(^_^;)
CMで流れている映像にやや怪しげなものがちらほらありましたが、映画の作画も微妙な感じでしたか……(^^; どうも初期から、人が不足しているのかなぁ感が強い上に、山場の回にちゃんと描ける人を配置しないとか、色々危うげですよね……。
◆ナシナさん
 >今回の敵怪人はダイレンジャーの神風大将でしたね。
私も思い出しました(笑)
 >このような"交流"がジュウオウジャーの話の路線というか、テーマになるのでしょうか?
色々な価値観を見せる、という点に置いて、身内以外のゲストと積極的に絡んでいく方向性は、個人的にけっこう期待しています。割と近年、そういう部分に真っ向から取り組んだ戦隊の印象って無いですし。
 >時にダークなオチにしたりと、今後どのようにするのか分かりませんが、その辺りを軸に楽しみにしたいと思います。
今のところ、見えない所で被害はシビアだけど全体の雰囲気は比較的明るい路線ですが、どこまでエピソードのバラエティを広げるかというのも楽しみですね。
 >最後のレオの雄たけびに後ろの方で、耳の良いセラが画面小さくピクピク震えていたのが、細かくて地味に面白かったです。
レオの大声とセラの反応は繰り返し行っていますが、画面のアクセントとして巧く機能していますね。演出として前後の奥行きを意識できる形にもなっていて秀逸だと思います。
◆wayさん
 >本作ここまで「努力」を明確にしてこなかったツケが思いっきり噴き出した、って感じですね……
何故か執拗にプロセスを描きたがらないですよね……それが意図的なのか無自覚なのか、もう一つ掴めず。
 >そう考えたらみらいが信じているものって「運命」で、かつ運命が自分を選んでいるからそれを信じればなんでも出来るし、
 >どんな恐怖も死の危険も本当にその時が来るのでなければ乗り越えるはずだ
「運命」が物語を支配しているのは古典構造だと捉えるにしても、それと向き合って受け入れるなり抗うなりのイニシエーション段階が描かれていないので、「変身」が劇的な意味を持っていないし、それにまつわる事象をみらいがどう捉えているのかが不透明なんですよね……。後々どこかで爆発させるかもしれないにしても。
 >本作が脚本デビューとなるのですが、小説『仮面ライダーディケイド』で小説家デビュー、
 >ゲーム『フェアリーフェンサーエフ』の小説や『ふたりはプリキュア』の小説も執筆、という経歴の方です。
おお、デビュー作だったのですか。作家歴あるとはいえ新人に魔法界編のまとめエピソード書かせるって、期待どうこうというより、今作の制作体制に対する不安が更に増しますが(^^;
 >『コンレボ』のスピンオフ小説執筆や外伝漫画のシナリオ構成も務めるという話で、ちょっと期待したい作家の一人です。
噂の真偽はさておき、そちら界隈から売り出し中、という感じなのですねー。第9話は、個性を出しにくい内容でしたし今作の作画不安も前面に出ていたので、次は単発エピソードを見たい所ですね。