はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

春アニメ1話色々

◇『宇宙パトロールルル子
ジャスティス!
とりあえず、1回見たのでいいか(笑)
短編アニメでジェットコースター的なので手軽に見れますし、主人公がスーツの能力で銃に変形してしまうネタなんかは好きですが、かといって録画するほどの物でもなくネットの配信は多分忘れそうなので(^^; たまに、思い出したら配信を見ようかなぐらいな感じで。


◇『コンクリート・レボルティオ』
初回は声優ラジオ風振り返り特番という事で、てきとーに早送り。豊崎愛生を「とよさき・あき」と読むのだと、初めて知りました。
予告で早速、柴刑事(日に日に高まる第2期の真ヒロイン枠の予感)がなんか変な事になっていたので、本編スタートが、超、楽しみです!


◇『マクロスデルタ
マクロス7』以来でマクロスシリーズを見たら、変身ヒーロー物になっていた。
音撃! すなわち、HIBIKI!
その後バルキリーによる空戦も始まりましたが、とにかくスピード感に酔わせる、というタイプの演出にはあまり興味を引かれないので、ふーん、といった程度。
全体的にシリーズの基礎知識前提の上で、主人公達が直面している問題に関しては冒頭にナレーションでざっくり説明し、「今回の『マクロス』はこんな事をやりますよ」という作り。好き嫌いでいえば好きではない手法ですが、物語の中で世界と問題を描いていくより手っ取り早いのは間違いなく、ブランドタイトルしては、正しいやり方とは言えるのかも。とりあえずもう1話ぐらい見てみようかと。


◇『鋼鉄城のカバネリ』
主人公が何喋っても、うしお(『うしおととら』)にしか聞こえなくて困ります(^^;
1話に1回死にそうになる感じも、凄くうしおで困ります。
おまけに『うしおととら』第3クール目と時期が被ってしまい、ますます困ります。
というのはまあさておき、思っていたよりスロースタート。もっとぐいぐい来るのかと思っていたのですが、本格的に動き出すのは次回以降か。個人的にはもう1.5倍ぐらい詰め込んでくれても良かったのですが。
演出的には、時々アップのカットで美樹本晴彦にぐっと寄せた絵を使うという手法が、今のところあまり効果的には思えないのですが、今後もやるのかどうか。
後は各種血しぶき関係が露骨というか露悪的であまり好きではないのですけど、まあ、意図してゾンビ物をやろうとすると、そういう要素は抑えておかなければならなくて、好みの問題という事になるのかなぁ。この辺り、好みを越えてくるだけのものがあると良いのですが。
劇中一般でオカルトと捉えられているカバネ化に対して、主人公が科学の視点を持っているというのは、現代吸血鬼もの的な要素として面白く、“人”と“人でなし”の境界線の話に持ち込んでくれると好みなので、その辺り、第2話以降でどちらに行くか、期待したい。今のところ、“誇り”という所に焦点があるようですけれども。


◇『クロムクロ
岡村天斎監督という事で見たら、これが面白かった。今季第1話を見た中では、今のところ1番。
世界観やキャラクター像を、映像や日常会話の端々でちょっとずつ見せていく(ちゃんと両方を使っている)、情報の出し入れの案配が好み。あと、音楽の使い方が秀逸。惜しむらくは、ヒロインがキューブの赤い部分を触れる前振りがちょっと欲しかったですが、気になったのはそれぐらい。
ロボット物としても、正体不明の敵の不気味な感じがしっかり出ていて良かったです。
そして、全裸サムライの急所隠しにスマホが活躍するのに時代を感じる。


◇『うしおととら
第3クールスタート。視聴者からすると、キャラクターや物語への意識が3ヶ月途切れた状態なので、まずはそれを取り戻す為の慣らし運転から始めた方が良かったと思うのですが、そんな事をしている余裕が無かったのかいきなりのフルスロットル。しかも関係者がうしおととらに関する記憶を失って……という展開は、キャラクターを大量に出すには良かったのでしょうが、以前の関係が途切れている中に、新登場だったような……というキャラがしれと混ざっていたり、出だしとしてはあまりよろしくなかったと思います(^^;
新OPは格好いい。