はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

限界を決めるなGot to keep

◆TAPさん
 >ガタキリバコンボは能力がド派手なのでかなり好きなフォームなんですが、1回これをやるだけでCG処理などに1千万円かかるそうなので
おおぅ……それはアンクも、やばいと言うわけですね(笑) それで5−6話は怪人出てこなかったのでしょうか……。
 >一応あいつらはピラニアだそうです。とてもそうは見えませんけどねw
あ、なるほど、あれは、わらわらと集団で食い散らかす、みたいなイメージだったんですね。
 >歌詞をよく読んでみると、何気に良いこと言ってるんですよね。ヒーローソング的というか。
英語歌詞を「ガタキリバ」と聞かせる、なんてネタっぽい事をやりつつ、全体としては凄く格好良いですよねー。
◆ナシナさん
 >刃物を使った攻撃とか肉弾戦に迫力がありますね。あとはストーリーの流れと繋がりに自然と馴染めて、組み込めばなおいいのですが。
アクション格好いいけど、話から浮き気味、というのは勿体ないですよね(^^; すっかりシグが生身でエイリアンと戦えるようになってしまったりという、設定面の調整が面倒だったのかもですが……。
 >地球人は他の宇宙人とは違うというか、真逆の効果が現れたりと、宇宙全体で見ると特殊な生き物なのかもしれません。
あまり押し出しすぎると白ける事もありますが、もう、そういう路線でも良かったのでは感はありますね(^^;
 >いろんな事情で大まかな設定以外、上手く連携出来ていないのかな? 設定が難しいのかな?と思うところが多々ありますので。
この頃、「新人脚本家の練習場ではない」みたいに上層部が怒ったという話があるらしいのですが、今作見ていると、流れでシナリオ発注しておらず、複数の脚本家に設定だけ投げて脚本を書いてもらって、その中から使えそうなものを順次、話の進行に当てはめて使っているのではないだろうか、みたいな疑いは覚えます……(^^;
 >"見せかけの美しさや親切に騙されず、自分の目で真実を確かめてみること"というメッセージ性
話のテーマと絡めてショウのヒーロー性も上げられそうだったのに巧く行かなかったのは、もはやプラチナムの呪いでしょうか……(笑)
 >実際にいつの間にか、世間に騒がれずに、ブルースワットにも感知されずに699本の塔を建ててますし。
全体的に穴が多くて大きすぎるエピソードではありましたが、ハッタリにしてもどうして、700本なんて設定にしてしまったんでしょうね……。未だマフィアの勢力は強大みたいに扱われても説得力ゼロすぎて。
 >相手の攻撃が効かないばかりか、自分たちは攻撃できますし、結局ブルースワットはこれらに対して打ち破っていないです。
ホログラフは本当に、都合の為の都合で使ってしまって、最強だわ矛盾しているはで困りましたね……(^^;
 >ショウ(ブルースワットチーム)とプラチナムの間には見せかけじゃない確かな信頼関係があるという、
 >その辺の構築するプロセスを一切省いたまま、今に至りますから。
地雷どころか、ずーーーっと燃えているわけですが、いったいクライマックスでどんなカタストロフを見せてくれるのか……(焦土前提)。
 >ちなみにゴールドプラチナムって当時の視聴者から、どう思われていたのか気になります。
関連玩具も増えましたが、児童層にウケていたのかどうか、凄く気になりますよね……。
 >クイーン登場前にブルースワットと盛大な死闘を演じて、惜しまれつつも退場した方がまだマシだった気がします。
ジスプ、2、3回、死んでもいいタイミングがあったのに生き延びましたが、引っ張れば引っ張るほど、面白くなくなってますよね……(笑)
 >全体的に侵略の成果が上がっていないので、もう少し本気にならないとダメな気がするのですが、何故か途中で退場するのは、
 >実は地球の環境に適していないので長時間の活動ができない、みたいな設定がないと不自然ですよね。
余裕がない余裕がないと本人が口にしているし、殺意も満々な筈なのに、何の理由付けもなく帰っていくのは、さすがに苦しいですよね(^^; 作品全体がひたすらそういう丁寧さに欠けているにしても。