はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

宮内洋は常に宮内洋問題

◆さやまきさん
 >放送はあと何回と定められてるので駄目なホンでもなんでもとにかく撮って納品しちゃえば後は知らん。
ここまで酷いと、もはやそういう風に勘ぐりたくなりますよねぇ……(^^; もう次が(しかも背水の陣的な設定のが)、動き出していたでしょうし……。
 >必勝法でなく必敗法としてのモデルケースとしては打ってつけとか(笑)
宮下さんも自分で真っ当に書けば間違いなくここまで酷くないので、この時期の連名は、脚本監修みたいな感じだったんですかね……。
 >撮ってる側がどんどん演出をエスカレートさせていくのは解りますねww
カットもあまり割れないし、その場の事情と素材で出来る事を突き詰めていったら段々変な空気になっていった感が凄くありますね(笑)
 >ちょっとしたお遊びが悪ノリしていく内に勝手に変な世界観まで構築し出してキャラがおかしなパーソナリティを獲得して更にお遊びが広がって…という
最初は、ナレーション無しはどうなのかと思っていたのですが、むしろナレーションが無い事で無駄に行間が広がって、もはやナレーションが無いから面白い、の領域に突入しているのが凄いですね(笑)
◆ナシナさん
 >サムネイルが仮面ライダーストロンガーという番組の物じゃないです。本編でも一時的に番組を乗っ取られてましたし。
宮内洋なので、仕方が無いのです……(笑)
 >苦戦続きに敵も増員という状況も、歴代ライダーをただのゲストキャラじゃなく、作品のいちキャラクターとして上手く昇華できていると思います。
私もそんなに客演展開が好きなわけではないのですが、思った以上に納得の行く流れでしたね。目隠しに弱いのはいつもの事なので、ストロンガーが必要以上に下げられたりもしていませんし。
 >平成ライダー同士はパラレルな世界観で、時に戦隊メンバーとも出会ったりするので、性格にもよるけど、年の差があっても、友達感覚なイメージです。
時代の違いが凄く良く出ている部分かもしれないですね。この昭和感覚を平成に持ち込むと、思わぬ人が年長者で敬意を集めたりしそうです(笑)
 >ちなみに仮面ライダーウルトラマンが共演した作品があるのは聞いたことがるのですが、この二人はどういう関係性だったんでしょうね?
私も見た事がないのですが、その観点で考えるとちょっと面白いですね。どんな感じだったのでしょう……。
 >ヘビ女に役職がないのは彼氏のコネで軍団入りしたということでしょうか。
結局他の軍団員と絡みも無かったですし、正規の幹部扱いでないのにシャドウが勝手に会議室に呼んで乾杯とかしていたっぽく(笑)
 >ヘビ女の死の際、ストロンガーに向かって怒りをぶつけたりと、いつもと違う態度が面白かったです。
展開上、あまり前に出られなくなっている分、巧いシャドウのアクセントになりましたねー。
 >ストロンガーにトドメを刺す時、藤兵衛もろとも葬れば良いのではと思いましたが、それでは番組が成り立ちませんね。
構造的には、藤兵衛を甘く見て放置していたら逆転された、という事なのでしょうが、もう少しその点を反省して悔しがったりしてくれると印象強くなって良かったかもですね。
 >私も毒の影響で少しぐらいふらついてても良かった気がします。
「ストロンガーは毒無効」なので変身したら解毒される、というのは納得していいのか悪いのか(笑)
 >その際の茂と藤兵衛のリアクションが薄かったのが残念でした。
割とあっさり、四日市を諦めていましたしね……(^^;
 >名前とグロテスクなキカイダーみたいなヴィジュアル、ミイラっぽさ、エジプトっぽさが、ちょっとかみ合っていない気がするのですが
総合的には格好いいと思うのですが、ミイラネタはもう、エジプトから来た、だけが理由だろう……みたいな(笑)
 >想定していた数を相当抑えられているものの、メイン級ライダーが複数いるのにも関わらず、成果は出しているんですよね。
Xに失点1つけたり、この辺りけっこう思い切っていて面白いですよね。