はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

三十六計

◆さやまきさん
 >大首領=片岡千恵蔵という考察は凄いですww
新世代のヒーロー達が往年の大スター&リアル重役の持ちネタを倒す、という構図で考えると結構恐ろしいなぁと(笑)
 >岩石大首領の最期の台詞は同時代的だとガッチャマンの総裁Xを思い出します
探すと割と居るんですかね、最終回で逃げ帰るラスボス……(笑)
 >平山亨さん的に人間の理解が及ばない敵=宇宙からの侵略者という括りだったんですかね〜σ(^_^;)
言われてみれば『ジャッカー』の黒幕が居るのか居ないのかよくわからないラストは、この流れに通じるものがありますね(^^;
◆タイキさん
 >ライダー全員が巨大化なんてことになるとそれこそザ・数の暴力みたいになってしまうので難しいのですよね。
幾ら何でもあんまりな絵になっちゃいますものね……(^^; 逆に現行ライダーやそれこそアメコミヒーロー映画でも、等身大ヒーローと同スケールのラスボスをどうラスボスらしく見せるのか、というのはいうので仕掛けが大変そうですが。
 >オーズの映司・アンクの中の人が歌う挿入歌はめっちゃ上手いですし。
挿入歌を歌っているのが映司役と気付いた時は驚きました。全く役者が歌ってる感ないですよねー。
 >その後の「X」以降はどうも色々苦労してるのが伺えます。
つくづく、型を破って幅を広げ、なおかつ継続する、というのは難しいですね……。