はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

悪の根

◆さやまきさん
 >最終作戦言ってる最中に内側から崩れてくスペースマフィアって(笑)
お約束といえばお約束なんですけど、そもそも以前から組織ガタガタなので、内部崩壊の盛り上がりすらない(笑)
 >とりあえずクイーンは安易な連中を周りに置くより忠実な部下を育てる所からやり直し
元々雑魚エイリアンの統率からして疑問の多い組織でしたが、唯一の幹部キャラ・ジスプが忠誠度0なので、クイーンも何がクイーンなのかさっぱりわからないまま進行しているのがホント困りますよね……(^^;
 >明らかに待機中は耳ダンボでスワット周辺の様子を聞きまくって出番を待ちわびてますよね(笑)
家でドキドキしながら、逃亡先のプランを練っていたんでしょうねぇ……(笑)
◆ナシナさん
 >今までの仮面ライダーシリーズに置ける共演ばなしの中で、唯一オリジナルキャストが全員集合することができた回だそうです。
ホント、このタイミングだから出来たんでしょうねー。そしてこのタイミングだからこその華が実に良かったですね。
 >ライダーマン辺り(目立っていたものの、V3も活躍度が少ない気がします)少し割を食ってしまっている所がありつつも
終わってみると、コンビナートの一部爆破こそされてしまったものの、Xとアマゾンが平均して活躍していた感じなのは、近い作品というのはあったのですかねー。神敬介格好良かった。
 >先輩たちに助けられながら現役であるストロンガーを真ん中に添えたり
ライダーパワー結集の時もストロンガー真ん中で、あれだけやりつつ、一応最後まで主役として扱われたのは地味に良かったですね。
 >単純に同一人物ということじゃなくて、悪の概念の集合体が意識的に働きかけて操っていたという風に解釈していいのでしょうか。
或いは、悪意が一定値を越えると、大首領という概念に飲み込まれてしまうのか……。ふと思ったのですが、岩石大首領そのものが、7人のライダーが集まった事により、それぞれが戦ってきた悪という概念が集合して生まれてしまった幻のようなものだったのかもしれません。実はGODとゲドンの首領の声は納谷悟朗ではない(!)そうで、そう考えると、各ライダーはそれぞれあの最終決戦で、別のものを見ていたのかもなーと。
 >けど、ラストバトルにしては呆気ないという気持ちもあります。
折角乗り込んだのだから、せめてライダー達が一発ぐらい攻撃してほしかったですね……(^^;
 >最終的にはいつの間にかチームライダーwith藤兵衛の話になってしまいましたね。
なんというか最後、藤兵衛の話になってましたよね(笑)
 >初期のキャラのままで先輩ライダーと接していたら、どういう反応になるか少し気になります。
割と対抗心出していたりしたかもですね。きちっとした上下関係を重視するという点では後半のキャラですんなり収まりましたが、その辺りも時代を感じますね。
 >その後ろに特に面識もない先輩ライダーがズラリと並んでいたら怖いですけど。
それは怖い……(笑)
 >最後の各々の戦いを振り返る名場面で、ストロンガーの箇所はタックルとの連携アクションのところをピックアップして欲しかったです。
あそこ、2号は苦戦シーンばかりとか全体的に杜撰でしたが、何でああなったのか……(^^;
 >昭和仮面ライダーシリーズを紹介するムック本、最新刊は奇しくも仮面ライダーストロンガーでした。
おお、ありがとうございます。浜田さんのインタビューは気になるので、本屋に行ったら探してみます。