はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

大事なのは中身

◆ナシナさん
 >ひたすらごり押しで勝ったように見えて、それがかえってあっさりとした印象になってしまったかもしれません。
フェロモン解除薬とか逆転の切り札なのに、ホント適当に使いましたものね……。
 >こういう状況にこそ、インヴェード解除ビームを使うべきですよね(使うにはドラムガンファイヤーが必要なのでしたね、不便です)
ラチナム不在の時にこそ有用そうな装備なのに、プラチナム召喚しないと使えないという、このやる気の無さ(^^;
 >後期のショウはプラチナムだけでなく、セイジにも雑に扱ってますよね。一時期は対等にふざけ合う悪友(弟分)っぽい関係性だったのに。
基本、ごねると何とかしてくれる相手に対して、雑(笑) セイジとの関係性は、間抜け兄弟みたいな頃が一番良かった気はします。
 >自身の怒りによってゴールドプラチナム召喚能力を身に付けるが、怒りっぽく短気な性格に
やはりこう、プラチナムとの通信が精神に影響を及ぼしているのでは……。
 >彼は主人公で他の仲間キャラに関しては根本な芯の所はしっかりしていると思いますので、余計にふらつきが目立ってしまいました。
序盤の展開を見るに、恐らく“お金にうるさい”という要素が不評で、急遽キャラ造形を修正せざるをえなくなったのかと思うのですが、最初につまづいた感じなのは痛かったですね。
 >その代わり、最終決戦の前でさらに格が落ちてしまいました。
ラスボス完全交代までやってしまえばまだ面白かったと思うのですが、結局ジスプは前座扱いなので、無駄にクイーンを落とした感じに(^^;
 >前に敢えて罵り悉く否定する態度で、ジスプを挑発し、能力や意欲を引き出そうとしていたのかな?と少し思っていたことがあったんですけどね。
一回台詞で、「やっと本気を出したか(ニヤリ)」みたいなのがありましたよねー。特に広がりませんでしたが(^^;
 >かつての自分と同じ立場にしようとしている地球人であるブルースワットの面々に(一名例外がいるけど)強く否定
結局、シグとの因縁しか強調されなかったのも残念でしたね。あれも部分的には解決している問題でもありますし。
 >やはり、久子エイリアンは放置されてしまいましたね。
最終回直前に、「マドモアゼルQは我が影武者!」「本物のクイーンはずっと地球に居たのかー」とかやってくれるのを期待していたのですけど(笑)
 >シグがそのまま広瀬になってしまったら、いまだに眠り続けているザジの臓器ドナーとして、
 >その身体が使えなくなってしまうのでは?という心配はしてました。
脳死患者からでないと移植できないような臓器なのかと思ったらそうでもないようで、結局シグ、何の臓器を移植したのだろう……? という(^^;
 >そもそも"大事な借り物"なら、戦闘中に持ち出さず、使わない方がいいのでは?というのは野暮でしょうか。
色々総合すると、シグ自身は、移植に使う臓器さえ無事なら外側は割とどうでも良かったようです(^^;
 >もっと広瀬自身の存在が出ていれば良かったのでしょうか? どういう方だったのか、最後まで分かりませんでした。
描写が複雑化するので避けた、というのはあるのでしょうが、結局、広瀬もシグも憑依後の人格だけしか描かれないので、それ以前に何を考えて生きていたのか、という個別の存在感が無いんですよね。だからその2人が完全に融合するという事になっても、話の都合だけしか見えなくなってしまうというのは、折角の設定が空回りしている感じで残念でした。
 >しかし、最終話目前にして、あの鉄の心の持ち主であるフワ主任のことを覚えている人がはたして何人いたか?気になります。
一応回想映像出しましたが、その回想が伝説の大惨事シーンという……(笑)
 >規律正しい軍隊っぽさを出したいと思うのですが、申し訳ないのですが、個人的には元々浮き気味に聞こえてました。
多分3、4回使っているのですけど、ホントどこにも合いませんでしたね……(笑)